ガンギエイ | 魚のブログ

ガンギエイ

昨日はお休みを頂きまして、連続「板鰓類」シリーズの続き。ガンギエイ目・ガンギエイ科のガンギエイ。

ガンギエイ目も、昔の魚類検索ではエイ目(エイ亜目・ガンギエイ上科とされた)の中に入れられていたが現在は独自の目に昇格している。この目の中に含まれるのは3科ほどあるが、日本で一般的に用いられている分類体系では、3科ともガンギエイ科のなかに含まれていることが多い。

さて、ガンギエイ。ガンギエイの仲間の尾は太めでムチのようになっていない。そして尾部背面に小棘が並び、大きな毒棘をもたない。この小棘の列数は雌雄で異なるといわれている。また尾部には、アカエイの仲間では見られない背鰭が見られる。さらに小さな尾鰭もあるが、写真では分かりにくい。

体盤は茶色っぽく、不明瞭な大きめの斑点があるのも特徴的。大きくても全長70cmほど。日本産のガンギエイ属は4種が知られているが、本種はやや小型種で、吻が短めであることでキツネカスベやテングカスベと、腹鰭前葉が短いことでゾウカスベと見分けられる。ゾウカスベはこの仲間では特に大きくなる種類で、全長2m近くになる。なお、エイの仲間は殆どの種類が胎生で仔エイを産むが、このガンギエイの仲間だけは卵生である。

本種は北海道~九州、東シナ海と日本の広い範囲に分布するエイで、数が多い普通種のようである。「WEB魚図鑑」への投稿数が少ないのは、恐らく本種の生息環境にあるだろう。水深30~150mの海域を曳く底曳網漁業ではよく獲れるというが、それより浅い場所・深い場所では殆ど獲れないのだ。

ガンギエイ科のエイは全世界の海洋に分布し、南極の冷たい海にも生息している種類がいる。ソコガンギエイ属のエイなどは深海底に生息し、そのなかのチヒロカスベは2906mの海底でも採集されているようであるが、これはエイの仲間でもっとも深いところで採集されたもののようだ。その一方でコモンカスベ属のエイは浅い砂底に生息し、陸からの投げ釣りで釣れる種もある。

漁業としては底曳網や刺し網で漁獲される。エイ鰭、あるいは練製品の原料として使用されることが多い。本州~九州の沿岸で見られるコモンカスベ属の種は定置網などで漁獲されているが、リリースされるか、投棄されていることが多い。

●ガンギエイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます