喜界島のライブコーラル

喜界島のライブコーラル

今年の五月連休(通称「黄金週間」)は鹿児島県の喜界島まで行ってきました。2010、2011年にも訪問しており、5年ぶり3回目。

湾の港にこんな案内が出来ていた。前来た時はこんなのなかったようですが、あららさんのブログによれば2014年に作成されたということのよう。豪華客船が入ってくるらしいのだ。

喜界島は隆起サンゴ礁の島。ソフトコーラルもハードコーラルも、さまざまな種類のサンゴを見ることができる。

大きなウミキノコ。6年まえにこの巨大なウミキノコのそばでオニダルマオコゼを採集した思い出がある。このウミキノコは魚の隠れ家となっており、ネズスズメダイ、ニセカエルウオ、タナバタウオ、ニシキベラなどがこの巨大なウミキノコに守られて生きている。

潮が引くとこのように露出する。魚の採集についてはこれほど潮が引いた方がしやすい。前に来たときにはヤエヤマギンポやホシエビス、ホソスジナミダテンジクダイ等も見られたが、5年間の月日は長かったのか、今回はそれらは見られなかった。5年もたてば、それなりに魚の種類も入れ替わるのだろう。テンジクダイの仲間が少なかったように思うが、これは今年の寒波のせいで死んでしまったのかもしれない。

喜界島はソフトコーラルの類が多い。地味な色彩だがサンゴはみな巨大で健全に成長している。これはウミキノコの仲間だろう。

ツツウミヅタっぽい。観賞魚の世界でもおなじみのソフトコーラル。センターの色が緑色っぽいのがよく出回るが、この個体は灰色っぽい。

地味な色彩ではあるがサイズは半端ない。左にはノウサンゴっぽいのがある。

ミドリイシの仲間は採集できないが、子供が遊べる浅瀬でもその姿を見ることができる。

こちらはハナヤサイサンゴ。こういうサンゴの合間にいるハゼなどがいないか見て回ったが、今回このポイントで見ることが出来たハゼはナンヨウミドリハゼばかり。実はクモハゼの仲間さえこのポイントでは見られなかった。逆にカエルウオの仲間は数多く見られた。

ハマサンゴのマイクロアトール。

喜界島での採集で注意すべきことは、サンゴが近くにあって踏まないように気を付けたいこと、もう一つは隆起サンゴ礁の島であり歩きにくい場合があるということ。そして万一転倒すれば大けがにつながる。今回は磯から滑落して怪我をしてしまい、釣りをする気も起きなくなってしまった。滑落したポイントではとてもきれいなアセウツボがいたのだが・・・。

●ソフトコーラル ●ハードコーラル

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます