シロサンゴヤドカリ | 魚のブログ

シロサンゴヤドカリ

喜界島から活かして持ち帰ったヤドカリ。今回持ち帰ってきたヤドカリは多くがシロサンゴヤドカリという種であった。その名の通り脚に白と黒の帯が入る、派手さはないものの見てとてもきれいな種。サンゴヤドカリの仲間で、観賞用として人気のあるユビワサンゴヤドカリなどと同属の種だ。

不思議なことに喜界島ではシロサンゴヤドカリが生息するポイントでは本当にシロサンゴヤドカリしか見られない。クリイロサンゴヤドカリがいるポイントではクリイロサンゴヤドカリのみ。スベスベサンゴヤドカリがいるポイントではスベスベサンゴヤドカリと多少のヨコバサミ類のみ。八丈島ではツマジロサンゴヤドカリとユビワサンゴヤドカリの2種が同時に獲れたりしたのだが。

シロサンゴヤドカリの住処はこんな場所。喜界島なら多くの海岸線で見られるような光景。

ごく浅いタイドプール。こういう場所では魚はあまり見られない。この場所にはたくさんいて、小ぶりなのや綺麗な貝殻に入っているのを数個体採集した。

シロサンゴヤドカリは5年まえにも喜界島の磯で採集している。この時も、確か今回採集した場所と同じ場所で採集したように思う。サンゴヤドカリの仲間は意外にもカラフルで熱帯性なので高い水温でも飼えるし、年単位での飼育も可能なのでお気に入りの仲間である。

最近では2年まえに八丈島で小さいのを採集している。これは水深10cmもないような小さなタイドプールに潜んでいた、正体不明の小さな個体を水槽で育てたもの。今ではかなり大きくなっている。1枚目の写真で最も大きな個体がそれである。

●甲殻類

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます