イワサキスズメダイ

イワサキスズメダイ

喜界島の潮溜まりで採集したスズメダイの1種。イワサキスズメダイ。

スズメダイの仲間は青や黄色が派手で綺麗なものも多いが、このイワサキスズメダイは派手ではないが灰色と薄い緑色という2色が美しいスズメダイの仲間。このような色彩は全身が青いルリスズメダイや青と黄色の2色に分けられるレモンスズメダイが普通に見られる喜界島ではあまり目立たない。幼魚はもっと青みが強いらしい。

このスズメダイの魅力はもう一つ。「顔」である。イワサキスズメダイは眼の上に黒い横帯が入り、まるで「ネコの目」なのだ。色彩だけならもっときれいなスズメダイがいるが、こんな可愛いスズメダイは他にいないだろう。

分布域は広く、アフリカの東海岸からハワイ諸島まで生息している。ただし、マルケサス諸島やイースター島には生息していない模様。日本においては琉球列島や小笠原諸島で見られる。八丈島や高知県柏島にも生息しているらしいが、見たことがない。

数は少ないと思ったが「与論島の魚類」によれば与論島では数が多く普通に見られるらしい。少なく感じられる理由は生息地にあるのかもしれない。イワサキスズメダイの生息地は礁湖の中というよりも強く波があたるサンゴ礁域の、ごく浅いタイドプールのような場所だ。このような場所ではスズメダイの仲間に限らず、イソギンポの仲間も、礁湖の中のものとは別の種類が採集できた。これについてはまた次回書くとする。イソギンポの仲間と同様に自然下では基本藻類を主に食しているようであるが、水槽内では配合飼料もよく食べる。

イワサキスズメダイはイシガキスズメダイ属というスズメダイの仲間である。インド洋から中央太平洋にかけて分布するグループで、10種が知られている。そのうち日本産は6種。そのなかではハクセンスズメダイが最も一般的に知られているかもしれない。茶褐色の体に太い白色横帯があるスズメダイなのだ。ハクセンスズメダイは、このブログをはじめたころに少し書いた。千葉県から宮崎県までの太平洋沿岸から琉球列島、小笠原諸島と広い範囲に生息する種。喜界島では幼魚をよく見かける。ルリホシスズメダイも、喜界島で釣れた個体の写真を見せてもらったことがある。

あとはルリメイシガキスズメダイ、イシガキスズメダイ、フェニックススズメダイの3種で、ルリメイシガキスズメダイを除きごく浅いサンゴ礁域のタイドプールで見られるとのことなので、これらの魚も採集してみたいものである。

●スズメダイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます