スジハナビラウオ

スジハナビラウオ

某コミュでちょっと色々あって、ハナビラウオの画像を探していたのだが結局、見つからなかった。

一方古い画像をあさっていたらこんなのが出てきた。スジハナビラウオと思われる種。全長15cm位の個体。これは日本海岸でマグロの子(ヨコワ)を旋網で獲る船が採集してきたのだと思う。旋網ではマグロの他にもトビウオの類やタチウオの仲間などがいろいろと採集されることがある。面白い漁であるが特にマグロの旋網については風当りが強くなりつつあるのが残念だ。

スジハナビラウオを含むエボシダイ科は3属16種が知られている。そのうちスジハナビラウオ属の魚は5種類が知られ、日本近海にはそのうちの4種が生息している。もっとも大きくなる種類はハナビラウオで、全長60cmほどになる。他、クラゲウオ、シマハナビラウオ、そして本種が知られており、スジハナビラウオは、側線鱗数が60~63であること、吻はやや丸いこと、などの点で異なる。ただし他にも、これに似たもので正体不明のスジハナビラウオ属魚類が福岡県の日本海岸などで観察されており、この辺はまだまだ分類学者にとっては熱くなるだろう。

分布域は日本では千葉県・若狭湾~琉球列島までの海域、太平洋、インド洋、大西洋。幼魚は流れ藻などの浮遊物やクラゲなどにつくが、成魚ではそれらから離れ、中深層を泳ぐようになるという。食味についてはあまりよく知られてはいないものの、近縁種のハナビラウオは刺身などで美味であった。ハナビラウオは2回か3回、見ているのだが何故写真を撮っていなかったのか。後悔させられる。

●エボシダイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます