スポッテッドナイフフィッシュ

スポッテッドナイフフィッシュ

今年の4月1日に我が家にやってきたスポッテッドナイフフィッシュ。アロワナ目に含まれ、モルミュルスの仲間を除けば、この科の魚を飼育するのはこれが初めて。黒い鮭の切り身のような体に多数の目玉模様がある種で、アロワナやガー、ポリプテルスなどとともに親しまれてきた大型魚。

ところがこの個体には問題があり、片方の眼が無くなっているのと、顎がかなりずれてしまっている。魚の場合側線などの感覚器官も充実しており、メキシコにすむブラインドケーブカラシンという両眼がない魚もいるくらいで、眼はなくても問題はさほど大きくはないようだが、顎のずれは餌がとれなくなることもある。心配だ。

結局はあまり心配することはなかった。下を向いて起用に配合飼料を食べる。配合飼料は肺魚と同様にデルフレッシュフード。全長20cmというとこだが全長50cmくらい、自然下ではメートルクラスになるということで成長が楽しみ。右の水草はウィローモスで流木を覆うようにして育つ。こちらも成長が楽しみ。

同居しているのはカワアナゴ科2種類、この間ご紹介したオキシエレオトリス・ウロフタルムスとGiuris margaritaceaと思われる東南アジアの種。東南アジアの種は日本のタメトモハゼとよく似ているが光沢が美しい。日本のタメトモハゼは学名がまだ決まっておらず同種という可能性もあるようだ。Giurisの方は特に何もなくデルフレッシュフードを口にするが、オキシエレオトリス・ウロフタルムスは口にこの餌を入れても吐き出してしまう。小エビや海水魚用のメガバイトレッドは好んでたべるので、それらも併用して与えている。他に何種かさまざまな餌をあげられたらよいのだが。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます