アカトラギス

アカトラギス


以前投稿していたと思っていたが、結局まだご紹介できていなかった魚。スズキ目・ワニギス亜目・トラギス科・トラギス属のアカトラギス。

トラギス科の魚は日本には少なくとも27種が生息しているが生息環境は二つのタイプに分かれるように思う。温帯から熱帯海域の浅い海岩礁域にすむものと、温帯のやや深い海底に生息するもの。前者にはオグロトラギス、コウライトラギスなどが含まれ、後者にはオキトラギスやユウダチトラギスがいる。アカトラギスもオキトラギスやユウダチトラギスと同様に、やや深い海域、沖合底曳網漁業では100~250mほどの海底で獲れた。

アカトラギスの特徴は、体に太い黄色帯が5本前後あること。これによりオキトラギスやユウダチトラギスとは容易に区別することができる。

▲アカトラギス尾部

▲オキトラギス

▲オキトラギス尾部

他の特徴としては尾鰭基部の黒色斑の有無。オキトラギスとはこれによっても見分けられる。オキトラギスでは明瞭な黒色斑が見られるが、アカトラギスには見られない。両種ともに尾鰭に細い線が入っていて綺麗である。

2009年に沖合底曳網、水深200mより深い場所で獲れた個体。揚網中に擦れてしまったようで鱗がはがれてしまっているが、それでも特徴的な黄色い帯があるので、アカトラギスとわかる。

トラギスの仲間は減圧に強いようで観賞魚として出回ることもあるが、少なくとも水温を10数℃に抑えなければ飼育は難しいだろう。動物食性で小魚、甲殻類、軟体動物などを捕食する。

この個体は、宇和海の沖合底曳網漁業で獲れたものだが、関東近辺であれば東京沖の底釣り、特にやや深海にすむイズカサゴ狙いでたまに釣れることがある。本命の魚にくらべると小さ目ではあるが美味な魚である。南米やニュージーランドではトラギスの仲間のオオトラギス、チリトラギス、ミナミアオトラギスなどが重要な食用種となっている。

●トラギス科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます