スマ | 魚のブログ

スマ

最近周りが忙しかったり、とある方と対立してそういう意味でも忙しかったりということでなかなかブログを更新できていませんでした。ということで久しぶりのブログ更新。

写真の魚はスマというサバ科の魚。サバ科の魚は日本人にとってなじみの深い食用魚であるがいくつかのグループがある。マグロの仲間、ソウダガツオの仲間、サバの仲間、サワラの仲間、カツオの仲間・・・。スマはカツオに近い仲間ではあるが別属とされる。スマは口蓋骨に歯があるのが特徴とされているが、カツオにはそれはないという。

カツオとの見分け方で一番簡単なのはよく言われるこの黒い斑点だ。この斑点があるとスマと同定していいと思うが、小さな個体では出ていないこともあるので、先に述べた口蓋骨の歯の有無なども同定に使うとよいだろう。

ソウダガツオの仲間との見分けはこれ。第1背鰭と第2背鰭がよく接近していることで見分けられる。ソウダガツオの仲間2種は、二つの背鰭がかなり離れている。愛媛県の宇和海沿岸など、一部の地域ではヒラソウダのことも「そま」とか言ったりするが、これで間違えることはないだろう。このほかに鰓耙数などにも違いがあるようだ。いずれにせよソウダガツオの仲間と他のサバの見分け方などはまた書きたい。

よく似たカツオはほぼ世界中の暖かい海に生息しているが、このスマはそうではない。スマEuthynnus affinis はインド-西太平洋に生息しているが、東太平洋ではほとんど見られず、Euthynnus lineatus という種がかわりに見られるようになる。大西洋にはまた別種のタイセイヨウヤイトEuthynnus alletteratus が広く分布し、地中海やメキシコ湾にも見られる。

最近養殖もされているようで、一部では「全身大トロ」のキャッチコピーでも売られているらしい。クロマグロの完全養殖など個体が減ってきているものの養殖はありかもしれないし、養殖を否定するわけではないが、このようなキャッチコピーは正直どうかと思う。要は不健康なメタボな魚ということを宣伝しているようにも思うからだ。

今回のものは長崎水揚げ。脂は少しのっている感じ。でもほどほどが良いでしょう。いずれにせよこの個体、お刺身最高でした!今回も購入したのはシーフーズ大谷さん。感謝です!そしてみなさん深夜に飯テロ、スマん。

●サバ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます