ロウソクギンポとサンゴと「クマノミの飼い方がわかる本」

ロウソクギンポとサンゴと「クマノミの飼い方がわかる本」

我が家の水槽にすむロウソクギンポ。先代のアオモンギンポを1年ほど前に失ってしまい、2代目「可愛い小型カエルウオ」を襲名。眼上のアンテナのような皮弁が発達しているのがちょっと先代と違うところ。

喜界島で採集した個体だが、紀伊半島以南で採集することができるようだ。ごく浅い磯に数匹で見られた。孔の中の潮溜まりにいたが、そのような場所は潮溜まりごとに全く別のカエルウオの仲間が生息していた。カエルウオの仲間はサンゴに悪戯をするような種もいるが、ロウソクギンポはサンゴに悪戯をすることはないよう。体側に細い白い線のような模様があるのも特徴、眼の上の皮弁の様子と合わせ、他のカエルウオと区別しやすい。

カエルウオの仲間は主に藻類を捕食する。実際に磯でカエルウオを見ると腹が膨らんでいるものが多いが、これは岩に付着する藻類を常に食んでいるため。水槽でも餌をたくさん食う。痩せた個体でも回復しないことはないのだが、観賞魚店でこの仲間を購入するときは、よく餌を食い、太った個体を選ぶべきだろう。

水槽では壁面に生えるコケを食べてくれるが、それだけではたりない。植物食性の配合飼料を与えたい。我が家では植物食魚用のフードは、キョーリンの海藻70と、同社製配合飼料メガバイトシリーズの「メガバイト グリーン」の2種類を与えている。メガバイト レッドはクマノミやハゼの類が好む。海藻70は大きなまるい餌で、沈みやすい。そのため底の方にすむカエルウオやハゼなどが好んで食する。

水槽の最近の変更点はサザナミサンゴ?を6月25日に新しく導入したこと。最初は私の好きなキクメイシの仲間かと思ったが、帰ってインターネットと睨めっこしていたらサザナミサンゴに近いものだと思う。私は以前サザナミサンゴの飼育に失敗してしまっている。今度こそ長生きさせたい。最初はシコロサンゴの手前におこうと思ったがちょっと放したところに置くようにする。それは正解で夜間にたくさんのスイーパー触手を出していた。スイーパー触手に触れてしまうと、弱いサンゴが溶かされてしまうのだ。夜間は青いLED(ラパスオリジナル)をあてると鮮やかなメタリックグリーンに光り輝き綺麗だ。

今日は6月30日。今日でちょうど2016年も半分が終わってしまう。なお本日はコーラルフリークスの特別編集版「クマノミの飼い方がわかる本」(ネコパブリッシング)という本が発売になった。例のねずみの会社の映画「ファインディング・ドリー」公開に合わせた特別編集版だ。この映画については以前コーラルフィッシュ誌を出していた枻(えい)出版社からも「カクレクマノミの上手な飼い方」という本が出ている。さらにMA誌も健在。また海水魚ブームがまた来るのではないかと期待しているが、前作のクマノミ映画の時のように魚をトイレなどに棄てたり、クマノミが乱獲されることもあるのではないかと、若干ではあるが気になっていることもある。

期待しているところも沢山あるが一番大きいのは、さらに海水魚やサンゴが飼育しやすくなる、新しいテクノロジーが登場するのではないかというところである。前回は器具の小型化が進み、だれでも海水魚を飼うことができるようになった。さらに、この本の中には、凄いクマノミの飼育テクニックが掲載されている。私もびっくりだ。詳細は中を見てほしいが、表紙にもそのヒントがある。なおこの本の私の執筆分は71~73ページ。仕事をもらうことができて正直嬉しい。

●イソギンポ科 ●ハードコーラル

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます