結局開催「金魚の放流」

結局開催「金魚の放流」

生態系に影響と批判も・・・金魚の放流イベントを“通常”開催(関西テレビ)

結局河川にキンギョを放流するというとんでもないイベントが結局開催されてしまった。今回は下流に網を設置して対策する旨述べていたが、結局キンギョが逃げさえしなければ問題ないという考えのようだ。キンギョには様々な雑菌や寄生虫の問題もあるし、外来生物(キンギョは中国原産のフナを改良したもので日本のものとことなる)を簡単に野に放つことは、とてつもなく恐ろしいことだ。

「生態系に影響がない」とおっしゃる方もいるが、そういう方は、ぜひ生物の調査をしてほしい。恐らく、影響があるような結果は出ない。しかしその後交雑や寄生虫、病気の問題など、大きな問題が発生するかもしれない。

「川遊び楽しいし、キンギョを捕まえるのも楽しい」という方は、川で遊び、キンギョではなくその地域在来の魚を採集して楽しんでほしいものである。もしキンギョを放流して掬うイベントを開催したいのであれば、こういう河川でなく、学校のプールでやればよいのである。水道水を流して(中和して)、水も河川ではなく下水道で流すようにすれば、影響は殆どないだろう。

ちなみに今回のイベントを非難したら共産党員とかシーシェパードのメンバーとか言われました。今後は「捕鯨賛成のシーシェパードメンバー」を名乗ることにしましょうか。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます