謎のダテハゼ

謎のダテハゼ

もう当分入手できそうにない。しかし、飼育してみたい魚というのが存在する。
私の場合はこの魚である。

ダテハゼ属の未同定種。

ダテハゼの仲間はフィリピンやインドネシアから色々来るが、殆どはクビアカハゼ、ニチリンダテハゼ、ヤマブキハゼ、ヤノダテハゼ、メタリックシュリンプゴビーであり、それ以外のダテハゼ属魚類はめったに来ない。フィリピンにもこの仲間は20種近くいるのだが。

この未同定種は、頭部眼の下に褐色の帯があること、頭部にメタリックブルーの斑紋があること、背中に黒い斑点があること、腹部に黄色の線がはいることなどから、Amblyeleotris arcupinnaという種類ではないかと思われるが、背鰭の色彩がことなるようだ。Amblyeleotris arcupinnaはフィリピン、インドネシア、パプアニューギニアなどの水深25m以浅に生息している種で、日本では書籍「決定版 日本のハゼ」に掲載されているように、西表島に生息していることが知られているが標本はなく、まだ標準和名がついていない。

観賞魚として入手することは難しく、フィリピンやインドネシアからほかの共生ハゼの混じりで来ることしか期待できない。この個体は事故で死なせてしまい、あまりにも飼育期間は短くなってしまったが、丈夫でよく餌をたべ飼育には苦労しない。他のこの属の魚と同様にテッポウエビと共生するが、飼育下ではエビを必ずしも必要としないようである。他のダテハゼにも言えることだが、飛び出しには十分な注意をしないと、いつか必ず干物と出会うことになってしまう。

●ハゼ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます