ササウシノシタ

ササウシノシタ

意外と異体類の記事が需要有るみたいなので。

今日は久し振りの異体類紹介。

ササウシノシタ科のササウシノシタ。

その名の通り、この科を代表する種類といえる。ただしイマイチインターネット上で写真が見つからないのは釣りの対象とはならないことや、砂底に生息し磯遊びでもあまりお目にかかる機会が多くないというのがあるのかもしれない。あるいは同科のシマウシノシタのような目立つ模様がないからか。分布域は広く、北は青森県、南は九州南部にまで生息している。

ササウシノシタは「ウシノシタ」の名前があるが、一般的に食用となるウシノシタの類(一般的にシタビラメ、と称される)というよりもむしろカレイの仲間のようにも見える。ササウシノシタの仲間は、眼は体の右側にあるが、ウシノシタ科の眼は体の左側にあるのも特徴だ。ササウシノシタの仲間のうち沖縄のほうに生息する種は大型で40cmにもなるのがいて、その種はウシノシタ科の魚にも何となく似ているが、その種の眼も体の右側にある。

胸鰭は痕跡的で写真からは殆ど見えないくらいにまで退化している。無眼側には全く見られない。有眼側に(無眼側にも)胸鰭がないものはほかにトビササウシノシタの類やミナミウシノシタの類などがいて、これらに近いグループなのかもしれない。胸鰭を有するのはアマミウシノシタやシマウシノシタなどが知られている。日本産ササウシノシタ属は2種がしられ、日本産のもう1種モンツキウシノシタは有眼側に3対の模様があることで本種と見分けられる。分布域も異なりモンツキウシノシタは日本国内では種子島や沖縄島近海にのみ分布している。

ムスメウシノシタなどトビササウシノシタの仲間との違いは口の形。上の写真のようにササウシノシタ属の魚の口は鉤状に曲がっており、まっすぐに近い形状のそれらの魚種と区別することができる。

こちらはトビササウシノシタの口。写真からは分かりにくいかもしれないが、直線的な形状である。

ササウシノシタは沿岸を曳く小型底曳網で漁獲される。時として大量に漁獲されるが、たいていは廃棄されてしまう。しかしながら地域によっては食用にもなっているようだ。先ほど述べたようにアマミウシノシタは食用にされるし、本州でもシマウシノシタなどを食用にすることがある。欧州ではこの科の大型種は重要食用種なのだ。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます