アカガレイ

アカガレイ

やはり意外と異体類は最近需要があるようです。
連続異体類特集2回目は、カレイ科のアカガレイ。

アカガレイはやや北方にすむカレイの仲間の普通種。とはいっても、主に水深数100mの海域に生息しているので、堤防からの投げ釣りでは出会うことはほとんどないと言える。有眼側は褐色で無眼側もやや赤みを帯びた色彩が特徴的。釣りではお目にかかることはほとんどないと言っても、底曳網などで漁獲されており、スーパーでもよく並ぶので、出会う機会は少なくないといえよう。

アカガレイ属は北太平洋と北大西洋に生息する属で、5種が知られており、4種が日本に産する。といってもウマガレイ(北海道日本海岸とオホーツク海に分布)、ドロガレイ(北海道、新潟県)はあまり見られず、多くはアカガレイとソウハチであろう。

ソウハチはアカガレイと有眼側の上眼の位置が異なる。上眼が頭部背縁にあるのがソウハチ、背縁にないのがアカガレイという。言葉では説明しにくいので、写真を見ていただくのが早いだろう。

背鰭の起部位置は、ソウハチが上眼の後方付近、アカガレイは上眼の前半部付近にある。

背鰭や臀鰭の軟条数もやや異なり、ソウハチは背鰭64-79軟条、アカガレイは75-95軟条となっている。臀鰭軟条数はソウハチ45~61軟条、アカガレイ58~72軟条。側線鱗数も差がありソウハチは70~86、アカガレイは87~98だ。

アカガレイは上・下顎歯のうち前方のものが大きいことにより、上・下顎歯の前方のものは大きくなるということはないウマガレイやドロガレイと見分けられる。背鰭や臀鰭軟条はアカガレイと数値が被る。今回は残念ながらこの2種のカレイを紹介することはできないが、いつか出会いたい種である。

ソウハチもアカガレイも重要な食用種。肉は刺身でも焼いても揚げても煮ても美味しいが、卵をもっている「子持ち」ならば煮つけに限る。小さい個体は唐揚げが美味しい。

●カレイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます