オビウシノシタ

オビウシノシタ

異体類シリーズ第3弾!

ササウシノシタ科の、オビウシノシタ。

オビウシノシタはササウシノシタの仲間なので、眼は右向き。しかしこの前のササウシノシタと違い、やや小さ目であるが明瞭な胸鰭をもっているのが特徴。口はササウシノシタのように強く曲がるなんてことはない。

体側には暗色と薄い褐色の、シマウマのような縞模様がある。体にシマウマ模様があるササウシノシタ科魚類は日本に5種が分布するが、サザナミウシノシタやセトウシノシタの尾鰭は背鰭や臀鰭とは殆どつながっておらず、ツノウシノシタは背鰭第1軟条が伸びることにより本種と区別できる。オビウシノシタの背鰭や臀鰭は尾鰭とつながり、背鰭第1軟条が伸びることはない。

オビウシノシタの「そっくりさん」にシマウシノシタがおり、津軽海峡以西の本州から九州の沿岸ではよく見られる魚だ。この2種を見分けるのはやや難しく、背鰭及び臀鰭の軟条を数える必要がある。オビウシノシタの背鰭・臀鰭軟条数は其々78-90軟条・70~78軟条で、シマウシノシタ(其々68-82軟条・56-70軟条)よりも多いが、数字がカブるところもあり、違いが微妙なところである。

このオビウシノシタの分布は魚類検索図鑑に従えば山口県の日本海岸、福岡県津屋崎、長崎県沿岸、有明海に分布し、海外では黄海、渤海、東シナ海に分布する。つまり東シナ海周辺に多い魚だ。この個体も東シナ海の以西底曳網漁業で漁獲されたもの。多くは水深100mより浅い海底に生息している。底曳網でよく漁獲されるものの、利用されることはあまり多くはないようだ。しかし近縁種のシマウシノシタは、底曳網が盛んな地域などでは、魚市場などに出ることもある。

●ササウシノシタ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます