ゼブラアーチャー(テッポウウオ)

ゼブラアーチャー(テッポウウオ)

アクアリウムバスで購入した魚。前はタイワンドジョウの仲間「コウタイ」を紹介したが、今回はもう1種。

ゼブラアーチャーフィッシュというミャンマーの美しいテッポウウオ。写真の幼魚はマーブル模様だが成魚は縞模様のようになるらしい。ただ本種はバリエーションが多いといわれ、別種なのかもしれない。テッポウウオ属の魚は一般的に汽水というイメージが強いものの、本種は淡水で飼育できるようだ。

観賞魚としては近年になって入ってきた種。当初は数万円で販売されていたらしいが、今では大分安価になった。淡水の熱帯魚だと(海水の熱帯魚と比べると)養殖しやすいので、入手のハードルが下がる。しかし入手のハードルが下がって飼いきれなくなったものを河川や湖沼にはなったり、奇形のものも流通する等したりと、あまり歓迎するべきではないのも事実。日本に入ってきたのは近年のようだが、記載はBoulengerにより1892年になされている。

我が家に来た当初はなかなか餌を食べなかったが、蓋だけでなくカバーをかぶせて、タオルなどで「暗幕」をつくり、キョーリンのメダカの餌を流したらよく捕食した。同社製のメガバイトSも浮かべてあげたらよく食った。他昆虫や乾燥エビなどをあげている。らく熱のテッポウウオ特集によれば、幼魚のときから同じ餌をあげるとそれしか食べないので注意が必要、とのこと。注意したいのは水質で、塩分を加えなくてよいということだが、やはりアルカリ性の環境を保つのが重要とのことで、死サンゴを底面に敷いている。

成熟したサイズがどのくらいになるのかは不明だが、大きく育てたい。しかし大きく育てるにはもっと大きな水槽(90以上)が必要になるということだ。濾過装置は前にブログで書いたことがあるもの。B-Box八潮で安く売られていたのを購入。水槽は金魚用の水槽で幅40cm。これで様子をみて大きくなったら60cmにステップアップしたい。

テッポウウオの仲間はインド-西太平洋にかけて分布し、ある種は日本でも見ることができる。口から水を放出して木の上にいる昆虫を捕食するのは有名であるが、小さいうちは水鉄砲を出さないようだ。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます