ツマリツキノワガレイ

ツマリツキノワガレイ

異体類シリーズ第4弾は、ツマリツキノワガレイ。

ツマリツキノワガレイは、近縁のベロガレイなどとともにカレイ科の中のベロガレイ亜科とされていたが、カワラガレイ科やロンボソレア科などとともに科に昇格した。ベロガレイ科はインド-太平洋域に生息する仲間で、3属27種が有効とされる。ツマリツキノワガレイは、そのなかのツキノワガレイ属の魚である。

ツキノワガレイ属の魚は日本に4種が知られる。4種のうち、ジャノメツキノワガレイと呼ばれる種は水深数mのサンゴ礁域に生息するが、他の種はやや深海性で水深50~170mほどの場所から底曳網漁業によって漁獲される。分布域は若狭湾以西の日本海、熊野灘、土佐湾。海外では台湾に分布する種で、やはり底曳網がない地域、あるいは東日本ではなかなかお目に罹れない種類である。

ベロガレイ科の魚の特徴は無眼側に胸鰭がないこと、無眼側に側線がないかあっても痕跡的であることなどがあげられる。ツマリツキノワガレイは胸鰭が4~5軟条であること、背鰭の前方の軟条は糸状に伸びないこと、腹鰭の軟条も糸状に伸びないこと、胸鰭がかなり長く頭長よりもずっと長いこと、有眼側に明瞭な3つの斑がないことなどにより、他のベロガレイ科の魚と区別できる。

胸鰭は非常に長く、暗色帯が数本入る。これによりほかのツキノワガレイ属の魚と見分けられる。ツキノワガレイは胸鰭軟条数が5本。コツキノワガレイは4本で、いずれも細くて目立つ数本の黒色帯が胸鰭にはないようだ。この仲間は沖合底曳網、あるいは小型底曳網、刺網などによって漁獲されているが普通は食用になっていない。しかしある程度大きくなるベロガレイなどは食用にされることもあるという。釣りの対象魚でなく、市場でもお目に罹れない極めてマイナーな異体類であり、そのためにまだ新種や日本初記録種がみつかる可能性も高いようだ。

●ベロガレイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます