アカテンモチノウオ

アカテンモチノウオ

このベラは「アカテンモチノウオ」という種である。アカテンモチノウオの分布域は伊豆半島大瀬崎、高知県柏島、宮崎県虚空蔵島、屋久島、奄美大島以南の琉球列島。海外の分布は東アフリカ~中央太平洋のマルケサス諸島にまで及ぶ。

写真の本は「ネイチャーウォッチングガイドブック ベラ&ブダイ」という本である。この本を購入したことは先日ご紹介したとおり。私は今年も喜界島に行ってきたし、その他にもこの仲間と逢う機会は多いと思う。しかし私のブログでは意外なほどこの仲間の掲載が少ない。

写真の個体は奄美大島の古仁屋という場所で釣れた個体。魚は色々といるものの、活性が極めて低く、あまり釣れなかったのだ。そのなかで何とか釣れた貴重な1匹。

成魚は全長40cm近くなる。写真の個体は若魚で尾鰭は伸びていないが、大型の成魚は尾鰭の上・下端が伸びる。よくにたものにミツバモチノウオという魚がいるが、この種は体側に多数の細かい横線が多数入るのに対し、アカテンモチノウオは細かい白色点になるので、若魚以降なら区別はさほど難しくない。

従来は「モチノウオ属」とよばれ一括りにされていたグループであるが、現在モチノウオ属とされているのは、本種、メガネモチノウオ、ヤシャベラ、ミツバモチノウオ、ミツボシモチノウオの5種と、紅海に生息するブルームテールラス、そしてFishbaseでもコモンネームがないCheilinus abudjubbeという種の計7種がいる。Cheilinus abudjubbeはアカテンモチノウオの紅海バージョンと言うべき種で、体に赤い小さな斑点がある。

かつてモチノウオ属とされたタコベラ、ハナナガモチノウオなどは「ホホスジモチノウオ属」という別属とされた。日本産魚類検索の第三版には、タコベラ、ハナナガモチノウオ、カタグロホホスジモチノウオ、ホホスジモチノウオ、ヒトスジモチノウオの計5種が掲載されている他、「モチノウオ」が掲載されている。しかしこの種は眼の周囲に多数の斑紋があるなどの特徴があるものの、日本での最初の記録以降、日本からの報告はないらしい。Fishbaseでは学名で検索するとハナナガモチノウオの異名として出てくる。

さらにこのホホスジモチノウオ属は「ベラ&ブダイ図鑑」で紹介されているが、また面白い展開があるらしい。日本からさらに2種、国内から記録がなかった種が本に収録されているのだ。これについては、また今度ご紹介したい。

●ベラ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます