クギベラ

クギベラ

この2個体は、同じ種類の魚なのだが、色彩が全く違う。

クギベラというベラ科の魚だ。上の緑色が綺麗なのは雄、灰色と黒色の塗り分けが綺麗なのは雌で、色彩の違いは雌雄によるもの。もっとも、ベラの仲間は雌雄の色彩が異なるものが多い。さらに、雌の色彩をした雄もいるなど、魚の性というものは、なかなか複雑なものである。だから生殖腺をみないと雄なのか、あるいは雌なのかということは正確には言えないこともある。ただ多くの場合便宜的に、「雄」とか「雌」とか色彩的なもので判断している。ここでもそうしたい。

クギベラの特徴はなんといってもその口だ。口が細長く、サンゴや岩の隙間にひそむ大好きな甲殻類を啄むようにして食べる海の鳥である。そして英語でも「バードラス」という。つまり「鳥ベラ」だ。小さな口であるが、うまく捕食する。そして小さな針で防波堤や磯で釣ることができる。

雌の個体もまさしく高知で釣れたものなのだ。分布域は千葉県から鹿児島県までの太平洋岸、熊本県天草、屋久島、琉球列島、南大東島、尖閣諸島、小笠原諸島と、かなり広い範囲に生息する。本州から九州では幼魚がおおいのだが、たまに成魚と言っていいような大きさの個体が釣れることもある。海外ではインド洋のココスキーリング諸島から中央太平洋にまで生息する。広い分布域をもっていてもハワイ諸島に生息しない魚も多いが、クギベラはハワイ諸島にもすむ。インド洋にはほとんどいないのだが、本種と同じクギベラ属のもう1種がインド洋や紅海にいる。

クギベラは、クギベラ属と言う独自の属に含まれている。クギベラ属の魚は、先ほど述べたように東インド-太平洋に広く分布するクギベラと、南アフリカの東岸からアンダマン海のインド洋に生息する近縁種の2種類が知られている。しかしニシキベラの仲間と近縁であると思われている。

ニシキベラの仲間は交雑個体が多く知られている。例のベラ・ブダイ図鑑にも6つの組み合わせが紹介されている(ニシキイトヒキベラ×リュウグウベラとされている個体は、ニシキベラ×リュウグウベラの誤記と思われる)。このベラ・ブダイ図鑑には掲載されていないが、オーストラリアではオトメベラ(上の写真のベラ)と、クギベラの交雑個体が知られている。このほかハワイ産のニシキベラであるサドルラスとの交雑個体と思われるものも知られている(GoogleでGomphosus varius hybrid、とか入れて画像検索したら出てくる)。サンゴ礁域の浅瀬を、胸鰭をパタパタさせながら泳ぐさまはまさしくニシキベラの仲間そのものだろう。またクギベラの幼魚の色彩はなんとなく、ニシキベラ属のヤマブキベラと似ている。

飼育についての注意もニシキベラ同様。遊泳性が強く、成魚のペアを飼育するなら水槽は120cmくらいの大きな水槽が必要になるはず。ニシキベラ同様夜間は砂に潜らず夜間はサンゴの隙間などで寝る。食性は動物食性が強く、小魚、軟体動物も捕食するが、小型の甲殻類には目がないので、それらとは一緒に飼育するべきでない。

●ベラ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます