エビスシイラ

エビスシイラ

3日からブログを更新していなかった。

8月に鹿児島県南さつま市の伊東正英さんから「エビスシイラ」という魚を頂いた。Facebook上では記事にしていたのだが、なんとブログで記事にするのを忘れてしまっていた。

エビスシイラはその名の通り。スズキ目・シイラ科・シイラ属の魚だ。シイラ科の魚はシイラとこのエビスシイラの2種のみが有効とされている。

エビスシイラも、シイラも、太平洋、大西洋、インド洋の暖かい海に生息している。シイラはオホーツク海~琉球列島まで広く分布し、エビスシイラは日本周辺ではロシアのピーター大帝湾、兵庫県、島根県、高知県、鹿児島県、沖縄県渡嘉敷などから知られるが、数はシイラの方がずっと多いようだ。私も、エビスシイラに触ったのは今回が初なのである。

エビスシイラとシイラの違いは、体の形だ。シイラは体の背縁と腹縁が直線状で、体が細く見えるのだが、エビスシイラは背縁と腹縁が丸みを帯びていて体が短いように見える。また体高は腹鰭の後方付近で最大となるが、腹鰭の前方付近で最大になるシイラとこの点でも区別できる。

その他に背鰭の軟条数にも違いがあるが、シイラは55~67軟条、一方エビスシイラは48~59軟条で、数値が重なることもあり確実な同定ポイントとはし難いと思われる。そのため、幼魚を見てシイラとエビスシイラを見分けるのは困難かもしれない。

シイラは大きいものは2mになるが、エビスシイラも全長で1mを超えることがあるよう。ただし、普通は75cmくらいまでのようだ。生きているときはエビスシイラも鮮やかな緑色と金色に輝くらしい。しかし残念ながら死後時間が経つにつれ灰色っぽくなっていくところは、シイラと同様のようだ。

シイラ科の魚は優れたゲームフィッシュであり、同時に食用魚として重要な魚である。日本ではシイラは食用としては、なぜかあまりメジャーにならないが、アジ科と近い位置にあるとも言われるため、地域によっては好まれる。私も宇和海で漁獲されたシイラをよく食べていた。刺身、焼き物、卵など美味な魚だ。

今回は洋風の料理や刺身などにして食べてみたが大変美味なものであった。
伊東正英さん、ありがとうございました。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます