朝のサンゴ

朝のサンゴ

結局例の磯遊びは10日に延期になりました。

で、朝早くに目が覚めて水槽をいつものように覗き込む。

緑色でマウスがオレンジ色をした鮮やかなキッカサンゴの仲間。キッカサンゴは初めて飼育する種類だが、同じウミバラ科のウミバラは長い事飼育していた。ウミバラはアザミハナガタサンゴと接触して溶かされてしまったので、他のサンゴとあまり接触しないような場所においている。母親のお気に入りのサンゴだ。

朝起きるとマウスの部分が肥大化して触手もだしていたりする。腹が減っているのだろうか。餌を与えるときは上手くマウスまで運んでやらないといけない。この水槽には食い意地の張ったクマノミやテンジクダイの仲間が多数いるのだ。

この触手に餌を一つ一つスポイトを使って与える。餌は特にサンゴ専用飼料というわけではなく、メガバイトレッドを細かく指でつぶし、海水に浸して与える。またサンゴの状態によっては添加剤(ビタミン剤等)を使うこともある。

こちらは昼間に撮影したキッカサンゴ。ちょっと縁辺が剥げているがこれはイソギンチャクに触れてしまったからかもしれない。コーラルフィッシュ誌の別冊によれば「攻撃力が強いので他のサンゴを横に置かない」よう書いてあるが、ウミバラなどもアザミハナガタ(スコリミアの方)にやられてしまっている。毒性が強いのか弱いのか。普通の状態ならば初心者向けの極めて飼育しやすいハードコーラルだ。購入したのはコーラルタウンさん。セール中で安価だったのと、同行した母親のこころを掴んで離さないような感じがしたそうだ。

こちらは8月9日に購入したウミアザミの仲間。

コーラルフィッシュ誌や、同誌別冊で「難しいサンゴ」とされていたが、硝酸塩さえ押さえることができれば、またヨウ素や微量元素を少量でもいいから毎日投与していれば、そんなに飼育が難しいソフトコーラルではないと思われる。この他昨年に購入したシロスジウミアザミも健在。右はウミキノコ。これらのサンゴも同じく土浦のコーラルタウンさんで購入。はじめて訪問したときはミドリイシやナガレハナ系が強いように思われたが、かなりソフトコーラルにも強い。

魚は前回から入れたものはない。カクレクマノミ、シールズカーディナルフィッシュ、イエローラインドカーディナルフィッシュ、ヤミテンジクダイ、スミゾメハナハゼ、アケボノハゼ、ハチマキダテハゼ、ジュウモンジサラサハゼ、イレズミハゼ、クモギンポ、ロウソクギンポ、そしてヒフキアイゴが棲む。カクレクマノミは我が家に来てもう6年もたつ。これにホンソメワケベラや小ぶりのカエルウオをもう何種か入れてみたいのだ。

今日は悲しいニュースが。水槽で飼育していたタイワンドジョウ科の「コウタイ」さんが水槽からジャンプしてお亡くなりになってしまいました。確り蓋を閉めておいたのですが、ジャンプして蓋をあけてしまったようです・・・。悲しいです。

●ソフトコーラル ●ハードコーラル

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます