久し振りのアイゴ

久し振りのアイゴ

久し振りに出会う魚。

アイゴ科のアイゴ。2013年に尾鷲の定置網で獲れて以来3年ぶりのご対面。釣りでは2007年以来のごたいめーん。

このアイゴは三浦半島では最近多いみたい。温暖化とは言えないだろうが、潜っても大きな個体が数多くみられ、地域によっては磯焼けの原因と名指しされていることもあるよう。この個体も30cm近くあったが、お隣で釣りをしていた家族の方がもっと大きいのを釣っていて、タモを用意されていた。その人はアイゴと呼んでいて、九州であれほど聞いていた「バリ」という単語は全く通じなかった。

磯遊びの方は天候は良くなく浅瀬は冷たい。南方の魚が少なかった。しかしフウライチョウチョウウオの小さいのや、ご一緒していただいた家族の方がタツノオトシゴを採集するのを見られて幸せだった。他にもアナハゼ、アミメハギ、イソカサゴ、イソスズメダイ、イソハゼ、オヤビッチャ、カワハギ、クサフグ、コバンヒメジ、チョウチョウウオ、ナベカ、ニシキベラ、ニセカンランハギ、ハオコゼ、ヘビギンポ、ホウライヒメジ、マタナゴ、メジナなど色々な魚を見られて満足だった。

次は11月に行けたらいいな。

●アイゴ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます