テンジクダイ科の混泳

テンジクダイ科の混泳

最近のうちの水槽。

テンジクダイは現在3種を飼育している。以前にもご紹介したイエローラインドカーディナルフィッシュヤミテンジクダイ、そしてシールズカージナルフィッシュ

最も前からいるのがシールズ(チークバー)カーディナルフィッシュ。我が家には2匹いる。我が家にいる2匹は其々尾部付近の斑紋の形が違うで、個体を識別しやすい。

強い方は尾部付近のラインがまっすぐで、点状になっていない。

弱い方は、尾部付近のラインが点状になっている。強い方が弱い方を追っかけまわしたため弱い方はかなりビビッてしまった。そのため、強い方を隔離し、弱い方を水槽で育て、弱い方を強いほうよりも大きく育てた。その後、強い方を水槽に入れた。

しかし今度は弱い方が強い方を追いかけるようになってしまった。立場が逆転してしまったので、水槽にカクレクマノミを入れたら、少しは喧嘩は収まった。そして同時期に購入したイエローラインカーディナルフィッシュを餌付けの後に水槽に入れたらあまり追いかけるようなこともしなくなった。イエローラインカーディナルフィッシュの方がシールズカーディナルフィッシュよりも若干大きめだったのも影響したかもしれない。ヤッコの混泳の場合、後から入れるものをちょっと大きくするというのはテクニックの一つだ。また他の種を同時に入れるというのもよく使われているテクニックといえる。この場合、攻撃の対象を分散させるのだ。ただしヤッコの仲間は藻類やカイメンなどを食う。そのため餌場を持ち入ってきた魚を攻撃してしまう。その攻撃はテンジクダイの仲間の争いよりもキツい。

イエローフィンカーディナルフィッシュが近づくとシールズカーディナルフィッシュはライブロックの隙間に隠れる。この時は体側の縦線が薄くなり頭部が鮮やかな色になる。

テンジクダイの仲間はこのほかにもさまざまな種がいる。自然の海では群れているが水槽で争うようになる種も入れる。そのような種には強い魚を入れて力関係を修正するのが一番。しかし強すぎる魚を入れてしまうとバランスは崩れてしまいやすいので、そのあたりは注意する必要がある。

一方、ヤミテンジクダイは同種同士では争うものの他のテンジクダイと喧嘩はあまりしない。これは恐らく属が違うからだろう。自分の住処をもちそこからあまり離れようとしない。多くの個体、多くの種、あるいは多くの属のテンジクダイを一つの水槽で飼育するのなら、多くの隠れ家は必要になる。ライブロックを日本庭園風に置くのではなく、複雑に組み合わせて洞窟のようにするとよいだろう。

複雑にライブロックを組んだ90cm水槽で、現在3種類のテンジクダイを飼育中。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます