モヨウカスベ

モヨウカスベ

久し振りの軟骨魚。

ガンギエイ目・ガンギエイ科・コモンカスベ属のモヨウカスベ。

ガンギエイ科の魚の多くの種は尾部に大きく鋭い棘があり要注意だが、アカエイのような大きく強い毒棘はない。ガンギエイの仲間の尾部背面にある棘は、雌雄によって棘列の数が違う。雄は3列、雌は5列であることが多い。またアカエイなどと異なるところは他にもある。ガンギエイの仲間には尾鰭があるのだが、アカエイの仲間の尾部はムチのようになっており、先端には尾鰭がない。さらにガンギエイの仲間は卵を産むのが異なる。ガンギエイの仲間は卵生なのだが、アカエイやトビエイ、シビレエイなどは仔魚の状態で産まれる。

↑モヨウカスベの尾部。鋭い無毒の棘が数列ある。小さい背鰭と尾鰭がある。

↑アカエイ科魚類の尾部。ムチ状で大きな毒棘があり、尾鰭はない。

コモンカスベ属は日本~インド洋に分布し、約15種が知られている。日本産は6種。海外では21世紀以降も新種が色々と記載されているが、軟骨魚類は多くの種が分類学的再検討が進められているところである。日本産のコモンカスベ属でも怪しいものがいるようで、この仲間の総数はさらに増えるに違いないだろう。

ガンギエイ科の魚は深海にすむものも多いが、この属は比較的浅い海に多く、沿岸の水深数10mの海底に生息していることが多い。刺網、小型底曳網、ほか定置網などで漁獲される。モヨウカスベは水深数10~150mの海底に生息していて、この仲間ではやや深場にいるものともいえる。

↑モヨウカスベの肛門付近。ロレンチニ瓶が腹鰭前葉基部の後方にも分布している。水色の矢印がロレンチニ瓶。ロレンチニ瓶というのはこれを発見したイタリアの学者ステファノ・ロレンチーニに因み、「ロレンチニ氏瓶」などとも呼ばれる。

実はこのエイはモヨウカスベか、あるいはツマリカスベなのかはっきりしない点がある。それが腹鰭前葉部の後方にも少々ロレンチニ瓶と呼ばれる感覚器官の開口部が分布しているからである。ツマリカスベは腹鰭前葉部の後方にロレンチニ瓶が分布しないことになっているからだ。ただその差は本当に微妙なのだ。だからこの仲間を同定するのに、上からみて、「これはなんでしょうか」と聞かれても答えられない。若干背面の模様が違う気もするが、これが本当に同定に使えるかはわからない。いずれにせよ、もっと多くの標本を見ることが出来たら、背面の模様も同定のキーに使えるようになるかもしれない。

ガンギエイの仲間も種類が多いが、あまり利用される種類は多くはない。ガンギエイの仲間を食べる地域は意外と限られているのかもしれない。北海道や東北などでは食うが、四国や九州においてはあまり利用されていないようだ。従来は以西底曳網でよく獲られていて、食用になっていたようだが、漁獲量の減少や減船で水揚げされなくなったのかもしれない。北海道では盛んに漁獲されるが、それは大型種が多いようだ。韓国では好んで食用とされる。

今回は唐揚げ粉を使って唐揚げにした。これが本当に旨い。実はガンギエイの仲間を食するのは初めてであったのだが、これはもっと売れてもよいと思った。骨は若干あるものの、柔らかく骨ごとばりばり食べられる。調理にも包丁は必要ないし、キッチン用のはさみがあれば簡単にさばける。たくじーさんありがとうございました!

●ガンギエイ科 ●アカエイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます