クロソコギス

クロソコギス

以前このブログでも紹介してきた魚。今回は久し振りに入手したので、記念に。

最初に写真を見たときは、ウナギ目ホラアナゴ科のコンゴウアナゴという魚(ちなみにこの科の魚は一度もこのブログに登場していない)と思ったのだが、よくみるとソコギス目・ソコギス科・キツネソコギス属のクロソコギスであることが判明。

ウナギ目や、ソコギス目と近縁なソトイワシの仲間の鰭は軟条で構成されるが、このソコギスの仲間は立派な棘を有しているのだ。

背鰭は5~12棘で、軟条はない。背鰭には軟条部がないことで近縁のタヌキソコギスと区別できる。日本産キツネソコギス属は2種が知られており、キツネソコギスは背鰭棘数が12~15であることで区別できる。でも12棘の場合どちらに同定すればいいか悩むが、今回の個体は痕跡的なものを含め10棘であり、本種と同定できた。一方科の和名になっているソコギスは背鰭に26~40棘があるというのだから驚く。

臀鰭にも13~21の棘をもつ。

なお、今回の個体は吻が若干損傷しており、頭を右に向けて撮影したものを左右反転している。

分布は広く千島列島~房総沖の太平洋岸、北太平洋、大西洋。しかしあまり暖かい海には見られないようで、そのような場所には同属のキツネソコギスが生息する。キツネソコギスは青森県~土佐湾の太平洋岸と沖縄舟状海盆、太平洋に分布し、クロソコギスよりも南方系といえそうだ。

ソコギス目の魚はほとんどが深海性。トカゲギスの仲間は深海底にいる様子を撮影したものが書籍やTVなどの動画で見られるが、本種も水深3000mまでの深海底に生息している。しかしながらクロソコギスは比較的浅い場所に出現することもあるようで、検索図鑑によれば水深125mほどの場所からも漁獲されている。漁法は刺網や底曳網。

基本食用にされることはないソコギスの仲間。そもそも深海性で、滅多に出会えない種類の魚だ。しかし、見た感じは安いアナゴの蒲焼に使われている「イラコアナゴ」という魚にもよく似ており、今回は食してみることに。まずさばいてみる。この個体は雌であったのだが、卵の様子がゴテンアナゴなどのウナギ目魚類にそっくりなのだ。ちなみにソコギスの仲間もウナギ目の魚と同じく、レプトケパルスを経て大きくなる。

ウナギ・アナゴといえば蒲焼であるが、今回はあえて白焼き。

そして唐揚げ。

味は本物のアナゴに似た感じで極めて美味であったが、かなり脂っこくその辺は好き嫌いが分かれるかもしれない。

次回また機会があれば他の料理も試してみたいものだ。なお前回のツマグロカジカと一緒に煮て食べたのは本種ではなく、別の魚。北の海で細長い底生の魚といえば、あの魚だ。また後の機会にご紹介したい。なお昨日月曜日にも素晴らしい魚が届いたのだが、これの紹介はまた先になるのかもしれない。魚に触れるのは楽しいことだが、やらなければならないことも多い。

送っていただいた坂口太一さんに感謝です!

●ソコギス科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます