アラスカメヌケ

アラスカメヌケ

今日は本当はホラアナゴ科の何かを紹介したかったのだが、写真がなかった。だからまだ紹介していなかったポピュラー種を。

スズキ目・メバル科・メバル属のアラスカメヌケ。

アラスカメヌケという和名よりは故阿部宗明博士が述べている「アカウオ」という名前のほうが一般的だろうか。アラスカメヌケはよく海外から輸入されているメバル属の魚である。切り身、粕漬け、あるいは頭&内臓抜きで販売されているのはたまに見るが、頭も内臓もちゃんとついた個体を見るのは勿論初めてである。アラスカメヌケという名前であり日本には分布しないと思われがちな本種であるが、日本では北海道から東北地方太平洋岸に分布している。海外では名前の由来になっているアラスカ~カリフォルニア半島までのアメリカ大陸西岸と、アリューシャン列島、オホーツク海、ベーリング海、カムチャッカ半島にまで分布する。今回の個体は北海道の羅臼で採集されたもの。

アラスカメヌケは他のメヌケの仲間の多くと同様に頭頂棘をもっている。後頭部に1対見える線の様なのがそれ。背鰭はふつう13棘、13~17軟条。臀鰭は3棘6~9軟条。

↑アラスカメヌケの眼

↑ホウズキ(ホウズキ属)の眼

アコウダイやアラメヌケとは、眼窩下縁に棘がない事で区別できる。ホウズキやベニメヌケ(ホウズキ属)とは背鰭棘数でも区別できる。ホウズキ属の魚は背鰭棘数はふつう12棘なのだ。

他のメヌケの仲間にはよく似たものもいるが、アラスカメヌケは下顎が著しく前方に突き出るといった特徴がある。バラメヌケとは頭部背面に明瞭な帯が見られないという点でも区別できる。バラメヌケは頭部背面に3本の明瞭な横帯がでるのだ。アラスカメヌケの体は一様に赤色であるが、鰓蓋に黒っぽい模様が出ていたりするし、体側の背部に暗色の模様がある。

他のメヌケ同様にやや深海性で、アラスカメヌケは検索図鑑によれば通常、水深100~450mに生息しているという。しかし825mという深さで漁獲されたこともあるようだ。同じメヌケ類であるオオサガなどは水深1000mを超える深さからも獲れる深海魚だ。

「新顔の魚」によればメヌケの仲間は1970年の時点で給食、食堂、一般家庭用の惣菜と広く使用されているそうだ。さまざまな料理に使えるというが今回は鍋で食した。今年は関東でも11月に雪が積もるという極めて珍しいシーズンとなったが、美味しい鍋で温まりたいものだ。実際にこのアラスカメヌケは極めて美味なものだった。

●メバル科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます