ドロギンポ

ドロギンポ

北海道は沖縄に比べると魚の種数は多くはないが、独特な魅力がある魚が多数いる。しかし、なかなかお目にかかれない魚も多い。

写真の魚、ドロギンポは書籍の図鑑、たとえば「日本の海水魚」などでは見たが、インターネットで検索してもなかなか画像は出てこなかった。

ドロギンポはスズキ目・ゲンゲ亜目・タウエガジ科・ドロギンポ属の魚。ドロギンポ属は本種1種のみ。日本では北海道臼尻、釧路、オホーツク海沿岸にのみみられ、海外ではオホーツク海の北部から朝鮮半島の日本海沿岸にまでみられる種。沿岸域の水深数10mほどの海底に生息する磯魚だ。

ドロギンポの特徴は体側に目立つ側線がないこと。たとえばこの間このブログでご紹介したタウエガジには体側に1本の側線があるし、ダイナンギンポの仲間のように網目状の側線を持つ種類もいる。

体側に明瞭な側線がないタウエガジ科の魚は他にも何種かいる。やはり日本では北海道にしか分布しないムロランギンポは本種に結構似ていて、この魚を送ってくれた坂口太一さんも悩んでいたようだ。ただしムロランギンポは背鰭の前方に眼状斑が数個あることが多く、本種には背鰭に不明瞭な斑紋が数個ある。その後彼は図鑑を見ながらドロギンポと同定できたらしい。流石である。こちらの同定結果も、ドロギンポであった。

ドロギンポとムロランギンポの簡単な区別方法は、腹鰭の有無だ。ムロランギンポには腹鰭がない。

ドロギンポの腹鰭。腹鰭は明瞭にあるのだが、極めて小さい。また左右の鰓膜は癒合し峡部を横切るような形となり、鰓膜が切れ込むトンガリギンポ類やメダマギンポ類、ネズミギンポと区別することができる。このうち見たことがあるのはネズミギンポくらいだが、近いうちに送ってくれるらしいので、その時はまたこのブログで紹介したいと思う。

この個体は大きな卵を持った雌の成魚であるが、タウエガジの仲間であり、卵を食用にするのは勇気がいる。今回は肉だけ食用にした。ドロギンポという名前からあまりおいしい魚とは思われにくいのだが、実際は極めて美味な魚であった。今回はぶつ切りにし、唐揚げにして食べたが、肉は白身で柔らかい感じ。他に一緒に送ってくれた魚数種と唐揚げにして食べたがこれがまた美味であった。

坂口太一さんありがとうございました。

●タウエガジ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます