ヒレグロイットウダイ

ヒレグロイットウダイ

今日は北海道シリーズは一休み。先月に送っていただいたちょっと変わった南国の魚のご紹介。

イットウダイ科のヒレグロイットウダイ。

ヒレグロイットウダイはキンメダイ目・イットウダイ科の魚であるが、イットウダイやらテリエビスやらが所属しているイットウダイ属ではなく、ウケグチイットウダイ属に含まれる。この属はインド-太平洋とカリブ海に合計5種が知られており、日本ではそのうちの4種類を見ることができる。

ヒレグロイットウダイはこれまで八丈島、与論島以南の琉球列島に生息するのが確認されているが、日本ではあまり多くないらしい。この個体は長崎で採集されている。しかもかなりイキイキした感じで、長崎の近海で採集されたものと思われる。今年は色々な海域で多くの人が思わぬ熱帯性魚類との出会いを楽しめたそうだ。これらの熱帯魚はよく温暖化と絡められがちではあるが、海流のパターンや天候にもかなり影響されるようだ。和歌山くらいまでなら越冬可能だが、それ以北のものは冬に死ぬ個体も多い。

今回はもう1匹送っていただいた。もう1匹の方はやや傷があったり眼がやや死んでたりして上手く写真が撮れなかった。編集もやや適当感が・・・。申し訳ない。

背鰭が黒いからヒレグロイットウダイという名前なのだと思われる。背鰭は中央が黒く、縁は白く下方にも白い模様があるのだがちょっとミスで鰭膜縁辺の様子をうまく残すことはできなかった。この仲間は背鰭が特徴的なものが多い。属の和名になっているウケグチイットウダイは背鰭の前方に大きな黒色斑がある。一方そのウケグチイットウダイにそっくりなホシエビスにはそれがない。

▲ヒレグロイットウダイの背鰭。オレンジが最後から二番目の棘、黒が最終棘

▲ホホベニイットウダイの背鰭。黒が最終棘。1月の記事の使い回し。

▲ホホベニイットウダイ。

以前紹介したホホベニイットウダイは背鰭の最終棘がその前の棘よりも短いという特徴があり、背鰭の最終棘はその前の棘よりも長いという特徴をもつウケグチイットウダイ、ホソエビス、そしてヒレグロイットウダイと区別できる。カリブ海産の種Neoniphon marianusは実物を見たことはないが、John E. Randallの「Caribbean Reef Fishes」の写真を見た限りでは、最後の棘とその前の棘はほぼ同じ長さのようにも見える。カリブ海にはこの仲間によく似たノボリエビス属というのが2種いるが、臀鰭の棘と軟条部の長さの違いから見分けられるのだと思われる。なおこの2種の色彩は大きく違うが、意外と色を変えたりできるらしい。ヒレグロイットウダイでも、赤みを帯びた個体が写真にとられていたりする。おそらくナイトカラー、つまり夜の色かもしれない。また生息地も違う。ヒレグロイットウダイとウケグチイットウダイはサンゴ礁のごく浅い場所にいて、後者は磯採集で出会うチャンスもあるようだが、ホホベニイットウダイは水深数10mの海底に生息している。

以前ホホベニイットウダイを焼いて食したときは骨が硬くて食べにくかった。小型だったのも影響しているのかもしれない。今回はその反省で刺身にして食べたのだがそれは美味しいものであった。この属で食べていないのはウケグチイットウダイとホソエビスの2種のみ。ホソエビスは日本では石垣島から記録されている。海外では東アフリカ~マルケサス諸島まで分布しているのだが、これも数は多くないようだ。Googleで検索して見ると、ウケグチイットウダイの体側にある線が、線というよりはむしろ点であるような感じの模様になっている。いつかは出会いたい幻のイットウダイ科だ。

今回のこの個体は長崎のたくじーさんこと石田拓治さんに送っていただきました。
ありがとうございました。

●イットウダイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます

コメント

  1. mari-j より:

    先日、奄美大島で釣りました。
    たまたまMSさんのブログを覗いたら先日、奄美大島で釣った魚がウケグチイットウダイではなくヒレグロイットウダイである事に気づきました。見てなかったらウケグチイットウダイで片付けていました。グットタイミングです!ありがとうございました。

  2. MS より:

    えー。本当ですか!でも標本はないのでしょう?
    標本があれば奄美諸島での北限記録だったかもしれません。見ていただき感謝です。

  3. mari-j より:

    勘違いでした。
    お騒がせしました。
    私の早とちりだったみたいです。
    どうやら背鰭の鰭膜が全体的に黒っぽいウケグチイットウダイみたいです・・・
    WEB魚図鑑のほうにアップしようと思うのでもし気が向けば見てみてください。