スナガレイ

スナガレイ

ナイスなミュージックにのせてかどうかは分かりませんが更新予告ですっした通り。

カレイ目・カレイ科・ツノガレイ属のスナガレイ。

スナガレイは北海道のすべての沿岸に分布するカレイ。北海道だけではなく日本海側では兵庫県浜坂、太平洋岸では福島県近海までみることができるという。海外では朝鮮半島~ロシア沿海州に分布。

この種は有眼側の模様が「砂」のような色彩であることが多いようだ。黒色や灰色の細かい斑紋。

しかしもっとも特徴的なのは無眼側。極めてよく目立つ黄色い線が背鰭や臀鰭に沿うようにして走る。

頭部の形状もかなり変わっている。多くのツノガレイ属魚類では頭部背縁はあまりくぼまないがこの種類は頭部背縁が強くくぼむのが特徴。

同じように頭部背縁が強くくぼむものにハナガレイというものが知られている。この種は日本では北海道にのみみられ、しかもオホーツク海に面した網走と紋別くらいでしか見られないようだ。スナガレイとの区別方法は有眼側に白っぽい斑点があること、無眼側が一様に黄色であることである。

よく「味はよくない」と言われるようだが今回唐揚げにしたところ全くそんなことは感じられなかった。ただし美味しいのだが、小型であり身も薄い。北海道ではよく販売されているようだが、釣りでほかのカレイ類とともに釣れるという。

元々四国や九州での生活が長い私にとっては、カレイの同定というのは結構難しい物だったのだ。日本には体の一方に眼が偏っている奇妙なこの科の魚は33種知られているものの、四国、宇和海沿岸では殆どこの仲間は獲れない。かろうじてミギガレイ、ヤナギムシガレイ、メイタガレイ属の2種が獲れるくらいであった。
だが最近色々なカレイを購入したり、触ったりすることによってようやくこの仲間の事を理解することができるようになった。今回坂口太一さんからカレイの仲間を色々送っていただきさらに理解を深められた。ありがとうございました。

●カレイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます