メガネカスベ

メガネカスベ

先月も「モヨウカスベ」を食したばかりの私。

しかしまた新たなガンギエイ科魚類と巡り合うことになった。それが今回のガンギエイ目・ガンギエイ科・Beringraja属のメガネカスベ。

メガネカスベはその和名こそよく聞くエイであったが、意外なほど画像が少ない。以前私は別のガンギエイ科魚類をメガネカスベと思い込んできたが、ここでようやく本物のメガネカスベと出会うことができた。

今回は45cmほど。しかし交接器があり、雄と考えられる。大きいものは全長1mに達するといわれ、ガンギエイの中でもゾウカスベやテングカスベに次ぐ大型種のようだ。以前愛媛県のスーパーで北海道産の巨大なエイ鰭を発見しこれが何の鰭かわからなかったが、メガネカスベが1mを超える巨大な種であると知り納得。

腹面は以前紹介したモヨウカスベほどロレンチニ瓶があるように見えない。

しかし口や鰓の周辺にはびっしり。ちなみに口の上の方にある1対の穴のようなものは「鼻孔」であり、眼ではない。ロレンチニ瓶もここに集中させて効率を高めようとしているのか。

雄のメガネカスベの尾。雄の尾背面には1列の棘が並んでいる。雌では複数列の棘があるようだが、いずれにせよコモンカスベのようなとげとげな感じはしていない。棘はアカエイやトビエイのような毒棘ではなく、触れてもそれほど痛みが有るようなものでは無いが、うっかり触ると手を傷つけてしまう恐れがあるので注意したい。そしてこの棘の後方には背鰭が二つある。そして尾鰭もあるのだが、尾鰭は尾端背面にあり、腹面には尾鰭の隆起がない。

本種は長い間Raja属とされたが、Ishihara et al.(2012)は卵殻の形態や分布パターンの分析をもとにガンギエイ科の整理を
行い、本種はBeringraja属に移動された。この属に含まれるのはメガネカスベと、世界最大級のカスベであるBeringraja binoculata(日本にはいない)の2種のみとされる。属の名前の由来はベーリング海のRajaということであるが、属の標準和名はついていない。さらにこの文献ではこのほかソコガンギエイの仲間はRajidaeとは別の科に移されているが、こちらも和名はついていない。詳しく知りたい方は以下の文献も参考にしてほしい。

Ishihara, H., M. Treloar, P. H. F. Bor, H. Senou and C. H. Jeong 2012
The comparative morphology of skate egg capsules (Chondrichthyes: Elasmobranchii: Rajiformes). Bulletin of the Kanagawa Prefectural Museum (Natural Science) No. 41: 9-25.

メガネカスベの日本における分布は、北海道~銚子までの太平洋岸、日本海岸、東シナ海。北方性と言われるが沖縄舟状海盆にもいるようだ。他に朝鮮半島、中国、ロシアの日本海沿岸、ピーター大帝湾にいるらしい。Beringraja binoculataの分布域はベーリング海から北米東岸。

食べ方は前回と同様に唐揚げ。サメやエイは臭いのでは・・・??と思われる方もいるだろう。特にガンギエイは世界でも有数の臭い食材「ホンオフェ」の原料となるが、ホンオフェは発酵させて腐らせたエイを使用した韓国料理であり、新鮮なガンギエイは臭みもないのだ。今回の個体も美味しかった。坂口太一さん、ありがとうございました。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます