ウロコメガレイ

ウロコメガレイ

なんか久々の感じの北海道シリーズ。

カレイ目・カレイ科・ウロコメガレイ属のウロコメガレイ。

ウロコメガレイはツノガレイ属(研究者によってはいくつかの属に分けているが)の魚に似ているが、その名の通り眼上に小さな鱗があるのが異なる。この他ミギガレイという種も眼の上に鱗をもっているが、ミギガレイは体がほっそりしていて、鱗数もウロコメガレイと比較して少ない。ウロコメガレイと比べると口が小さいのも特徴で、ツノガレイの仲間によく似ている。ミギガレイは以前写真を撮ったのだが、あまりよい写真ではないので今回はパス。久慈の方では大きめのものが販売されていて、今度購入したいと思う。

ウロコメガレイの側線は胸鰭の上方でカーブしている。これもミギガレイとは異なる特徴の一つ。ウロコメガレイの側線は直線に近い形。

無眼側は特徴が少ない。

分布域は兵庫県香住以北の日本海側と、岩手県以北の太平洋岸。北海道では各地の沿岸に分布する。海外では朝鮮半島の日本海沿岸~ピーター大帝湾、オホーツク海。やや深場のカレイで底曳網や刺し網で漁獲される。

ウロコメガレイ属は世界でも1属1種。魚類に関する世界最大のデータベースであるフィリピンの「Fishbase」でのコモンネームはScale-eye plaiceとなっており、やはり眼の上に鱗があることに因むのだろう。

今回は唐揚げにした。同じ日にツノガレイ属の種(近日中に公開したい)も食べたが、肉はウロコメガレイの方が脂が多く、美味であった。肉も柔らかくて食べやすい。もちろんその他のツノガレイ属のほうも美味であった。残念ながら料理の写真を撮るのは忘れてしまった。今回も坂口太一さんからの頂きものでした。ありがとうございました。

●カレイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます