オニカジカ

オニカジカ

北国の代表的な魚といえば、カジカ。

今日も北海道のお魚です。スズキ目・カジカ科・オニカジカ属のオニカジカ。

オニカジカは北海道から太平洋岸では福島県まで、日本海側では島根県隠岐までみることが出来る。広い範囲に分布していて、また浅い場所(水深100m以浅の浅海)にすむので、情報も多い。

最大の特徴は前鰓蓋骨にある巨大な棘で、内側は鋸歯状になっている。他にもこのような巨大な棘をもつカジカの仲間は何種かいるが、それらには頭部に骨質板が密集していたり、極小型である(10cm以下)などの特徴により、日本産の他のカジカの仲間と区別できるようだ。ちなみに日本産のオニカジカ属は1属1種。ただし色彩的に区別ができる2型があるようだ。ただし、それがどのようなものかは分からない。世界では4種が知られているが、北太平洋~ベーリング海、チュクチ海に分布し、大西洋には見られないらしい。

頭部には骨質の隆起があるのも特徴の一つ。同じように大きな前鰓蓋骨をもつクシカジカの類には骨質隆起はない。ツマグロカジカの仲間は骨質板で覆われているなどの違いがある。

オニカジカは今回は3個体を入手。うち1個体は雄の個体だったようで、ずいぶんと長くて立派なものをお持ちであった。あとの2個体は地味な茶褐色の雌であった。

カジカ類は美味なものが多い。本種も唐揚げ、鍋物という二通りの食べ方で味わうことが出来た。この仲間を鍋で食べる場合、肝臓(キモ)は絶対に一緒に鍋に入れるべき。そうでなければこの仲間の魅力が一つ損なわれてしまうともいえる。カジカの仲間の多くは卵も食用にすることが出来る。しかし北米に生息する大型のカジカ科魚類で、有名な釣り魚カベゾン(カベドンではない)の卵は有毒であるとされる。

今回も坂口太一さんから送っていただきました。ありがとうございました。

●カジカ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます