コガネガレイ

コガネガレイ

3日間もおサボリしてしまいました・・・。

今日も北海道産の面白い魚をご紹介。カレイ目・カレイ科・ツノガレイ属のコガネガレイ。

コガネガレイも名前を聞くことは多いものの、あまり姿を見ることが出来なかった。しかし今回は初めて姿を見ることができた。

他のツノガレイ属魚との見分け方をご紹介。

まず背鰭の基部付近にまで達する側線分岐がないことで、よく似ているシュムシュガレイやアサバガレイなどと見分けることができる。また口のサイズもマコガレイやマガレイなどよりは大きい。頭部背縁が盛り上がらないことでスナガレイや、ハナガレイとも区別できる。

背鰭や臀鰭には縞模様がなく、クロガシラガレイやトウガレイ、クロガレイとも区別できる。カラフトガレイとはやや体高があることや有眼側の鱗の様子で区別できる。

コガネガレイは英語名でイエローフィンソールと言われるが、その由来は新鮮な個体の無眼側の背鰭と臀鰭が黄色っぽくなることから来ているようだ。この個体は冷凍してあるが、それでも黄色っぽい鰭の様子は分かる。

今回の個体も唐揚げで食したが、私はこの仲間を唐揚げで食するのが好きなようだ。カレイの煮つけも美味しいのだが、たくさんはなかなか食べられない。坂口太一さん、今回もありがとうございました。

●カレイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます