アバチャン

アバチャン

今年最後の魚紹介記事。

スズキ目・クサウオ科・アバチャン属のアバチャン。

アバチャンは過去2回このブログで紹介してきたが、このほかにも意外と多数の個体を見ている。今回は北海道羅臼の近海で採集された個体。

アバチャンは体側の斑紋により2つの群があるとされている。従来は日本海南部に生息するタイプと、太平洋北部、日本海北部、北海道沿岸に生息するタイプの二つに分かれていたが、これまで紹介してきたのは日本海南部に生息するタイプであった。しかし今回はようやく太平洋北部、日本海北部、北海道沿岸に生息するタイプを紹介できた。

日本海産のアバチャンは黄色斑紋型などとよばれ黄色っぽい斑紋が特徴。一方で太平洋北部、日本海北部、北海道沿岸に生息するタイプは赤色斑紋型ともよばれ、赤い斑紋が目立つ。

上から北海道羅臼の個体、三陸沖(東北地方太平洋岸沖)の個体、京都府沖の個体。

吻部の突起?がよく目立っている。日本産の他のビクニンの仲間とは吻や上・下唇に沢山の髭があることで区別できるというが、今回はそれは上手く撮影できなかった。

以前このブログでご紹介したメガネカスベと同じように唐揚げにして食べた。真中の長いのがアバチャンである。味はあまりないものの、決してまずいものでは無い。坂口太一さん、ありがとうございました。今年の総括はまた後で。

●クサウオ科 ●ガンギエイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます