2016年を振り返る+2017年の展望

2016年を振り返る+2017年の展望

2016(平成28)年も色々とあった1年でした。何時ものように総括だけでなく、今年は2017年の展望をも掲載していきます。

今年出会った魚たち

今年はさまざまな出会いがあった。マサカリテングハギ、ヒラニザ、ゴマテングハギモドキ、アカドンコ、シチロウウオ、ヒトスジタマガシラ、スマ、エビスシイラ、オニアジ、モヨウカスベ、クサカリツボダイなどをはじめて食することができた。北海道産の魚も美味いのが多かった。

2017年の展望について2017年は大型の魚に予算を割きたいと考えていて、候補となっているのはアオザメ、アカメ、イヤゴハタ、ウシサワラ、クエ、シロクラベラ、スジアラ、タマカイ、バショウカジキ、メガネモチノウオ。他入手したいのはタテジマキンチャクダイ、ナンヨウハギ、サッパ、オオクチイシナギ。今年買い逃したメガマウスザメもまた機会があれば欲しいところ。

今年の磯採集

今年は1月と10月に三浦、5月に喜界島と、計3回の磯遊びにとどまった。初採集種はスナビクニン、ロウソクギンポ、シマギンポ、ケショウギンポ、ホホグロギンポ、ボウヨウジ、ミサキウバウオ。

2017年の展望について 2012年以来採集へ行った日を二けたにしたいと思う。

テンジクダイの仲間

今年は喜界島にいったが、喜界島ではテンジクダイの仲間を殆ど採集できなかった。理由は分からないが、磯には全くテンジクダイの仲間がいなかったのだ。理由は不明だが、恐らく1月の寒波という理由もあるのかもしれない。一方水槽飼育では久し振りにテンジクダイ科魚類を飼育。シールズカーディナルフィッシュ、イエローラインカーディナルフィッシュ、そしてヤミテンジクダイの3種。ヤミテンジクダイは格好良く、赤い体が綺麗なのでおすすめ。ただ撃たれ弱い感じがする。
2017年の展望について 現在飼育しているテンジクダイ類の繁殖も狙いたいが厳しいかも。キンセンイシモチの類もまた飼育したい。

外来生物法と環境省

外来生物法が改定され、ハナガメやナイルパーチの飼育が原則禁止されることになった。この法律は外来生物の遺棄とそれによる被害を防ぐことを目的としているのかどうか。

もし本当に外来生物の遺棄とそれによる被害を防ぐような目的があれば、大阪・泉佐野のキンギョ放流、川崎の「おさかなポスト」によるニシキゴイ放流、さらにいまだにあちこちの河川で行われるホタルの放流についても環境省は問題視する発言をするはずなのだが、そのような個々のケースで非難するを聞いたことはほとんどない。武田邦彦氏というトンデモな意見を発する学者(もっとも、専門の分野ではトンデモな意見を履いているわけではないようだ)に耳を傾ける人だっているのだ。種の保存法だってそうだ。個人による対象種の採集や飼育を禁止するだけで、個人が飼育していたら通告したりしてるのに生息地の破壊についてはほとんど知らんぷりで見て見ぬふり。いのち、つなぐ。などと一体どの口で言っているのだろうか。生息地をつぶしてしまうと、採集や飼育を禁止してしまうよりもずっと生き物が絶滅に近づく。特定の種を保護するのではなく、種を取り巻く生態系を保護するのが大事なのだ。

2017の展望について パブリックコメント、みんなで書こうよ。俺も書いたけどさ、みんなブログやTwitterだけで非難してても、それだけでは環境省に届かないんだよ。まあ批判する意見なんて届かないと思うけどさ。

今年の書籍

今年は以前写真提供した講談社の図鑑ムーブ 魚の新訂版が登場しそこに写真が使用された。その図鑑にはあららさん(「宮崎で釣り。たまには遠征したい」のブログでもおなじみ)の写真も掲載されていてうれしかった。また去年同様コーラルフリークス誌にも3本記事を書かせていただいた。

2017年の展望について 自身がプロデュースした図鑑を計画したいと思う。できれば2019年には完成させたいところだ。また2010年から取り組んでいる計画を、詰めていって2017年中にはある程度のところまで持っていきたいところだ。

こじはるへ一言

最後に、来年AKB48を卒業する第1期生、こじはること小嶋陽菜さんへ。(例の男性アイドルグループはどうでもいい)

若い子がどんどん上がってきても、AKBにずっと残っていてくれて、ありがとう。
でもこれで昭和生まれのメンバーがいなくなってさびしくなる。
卒業後なにをするのかわからんけど、前しかむかないで頑張ってください。

さて紅白についてうれしいニュース。今年は7月に「サメ」の番組に出てたりクイズ番組にレギュラーで出ていたりしたしーちゃんこと大家志津香さんが紅白出場することになった。クマドリカエルアンコウという11文字の標準和名をかまずに発言できるのは数百名もいえるのは彼女だけだろう。母親はしーちゃんの大ファンでひるおび!も毎回録画している(ちなみに「もっちぃ」こと倉持明日香さんのはすぐ消される)。そして我らがこじはるにとっては最後の紅白。しかし曲目がいただけない。ぱるるも卒業することだし「365日の紙飛行機」「ヘビロテ(or恋チュン)」「10年桜」にしてほしかった。

2017の展望について 来年は柏木さんでしょうか・・・。

さて、来年はどういうことが起こるか。

外来生物法や種の保存法というトンデモ法案で苦しむ人や生き物が出ない年になるとよいですね。
また来年お会いしましょう。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます