マダラエソ

マダラエソ

今日は北海道シリーズは一休み。ヒメ目・エソ科・マエソ属のマダラエソ。

エソ、と言えば砂浜の投げ釣りで釣れてくるあの鋭い歯をもついかつい顔をした魚。本州から九州の海でシロギスを追いかけていると釣れる魚だ。シロギスの餌のゴカイ類を追いかけるだけでなく鋭い歯でシロギスを咥えていたりと、本当に貪欲な魚である。

本州でエソと言えばマエソ、トカゲエソ、ワニエソといったマエソ属の魚が多い。一方沖縄などのサンゴ礁域には、アカエソ属の小型種、例えばミナミアカエソ、アカエソ、オグロエソ、ヒトスジエソといった種が知られている。

勿論サンゴ礁域にもマエソ属の魚は分布している。このマダラエソという種類は、マエソの仲間としては珍しく、サンゴ礁の浅い場所に生息している魚だ。マエソ属のうち本州から九州にかけて生息するものの中にはトカゲエソ(50cm)やワニエソ(60cm)と大型になる種もいるが、このマダラエソは30cmくらいまでだ。

マダラエソと他の日本産マエソ属とは、体側に明瞭なまだら模様があり、尾鰭にも模様がある点が異なっている。これらの特徴で、マダラエソによく似ているもう1種のマエソ属魚類ウチウミマダラエソを除くすべての種と見分けられるだろう。

マダラエソとウチウミマダラエソの違いはいくつかあるが、まずは体側の斑紋。マダラエソの場合、一部が横帯状になるが、ウチウミマダラエソではそのようになっていない。

またウチウミマダラエソは胸鰭が腹鰭基底後端を越えないことで、胸鰭が腹鰭基底後端を越えるマダラエソと見分けられる。しかし小型個体の場合は難しい場合も多い。本種に限らず、エソの仲間は同定が難しいものも多いのだ。サンゴ礁ではよく見られるアカエソ属はアカエソとミナミアカエソであるが、これらの魚種の違いも微妙だという。誰か分子分類学的なものをも用いてやってくれないかな。

マエソ属の場合は、成魚では違いがまだ分かりやすい方だ。一般に本州から九州の沿岸で釣れるワニエソ、トカゲエソ、マエソ。これらは尾鰭を見たり、胸鰭を見たり、あるいは側線鱗数をみればまだわかる。ただしこれも横から撮影した場合の話。

マエソ属の魚はみなハンター。小魚や甲殻類を捕食する。

マダラエソは相模湾以南の太平洋岸、琉球列島、小笠原諸島に分布するが、多くは琉球列島以南で見られる。海外では東アフリカからハワイ諸島。ハワイには本種によく似た種も分布している。今回の個体は喜界島のがほーさんに送っていただいたもの。ありがとうございました。

●エソ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます