今年の初採集

今年の初採集

2017年のシーズンもスタートしました。
昨日はちょっと遠いところへ高速に乗って、行ってきました。

まず最初のポイントで網を入れてみました。はいったのは・・・

タモロコでした。

立派なひげがあります。今年はじめてカメラに収めた野生の魚。ただし今年初めて採集したのはこのタモロコではなく、モツゴ。モツゴはバケツを置いた場所から遠かったので逃がしてしまいました。

こちらはオイカワの幼魚。この種は今回網を入れた河川ではどの場所でも見ることができました。もっとも水温が低かったのでじーっとしていましたが。

カワムツです。側線上方横列鱗数の数からカワムツでよいものだと思います。本来は中部地方以西の本州、四国、九州にすむものだが、現在は関東地方でも大量に見られるよう。山渓「日本の淡水魚」によれば、琵琶湖産アユの放流に伴い広まったものとされ、「食用魚の放流」の弊害といえるかもしれない。

その後はいくつかの川や溝を訪問するが、あまり魚影を見ることは出来ず。最後にシマヨシノボリとヤリタナゴ、でかいタモロコを採集し、今日はこれでおしまい^^

ヤリタナゴの採集は久し振りだったのでうれしい。シマヨシノボリも飼育するのは4年ぶりくらい。シマヨシノボリはクロダハゼと並ぶ個人的に大好きな種なのでうれしいです。次は月内にもう1回。今度はかなり遠出をしたいと思います。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます