クロガジ

クロガジ

ここ数日忙しかったのですが、久しぶりにブログ更新。スズキ目・ゲンゲ科・マユガジ属のクロガジ。

クロガジが含まれるマユガジの仲間は日本に24種がいるが、本種は大きめのもので全長60cmを超える。クロガジの特徴は体が一様に黒っぽく、体側に目立つ横帯などがない。

ゲンゲの仲間の側線は小さな孔器列で、側線がどこを走るのか種の同定に欠かせない。クロガジの側線は頭部から後方へいったん下がったあと、体の中央付近を走るというもので、その点では腹方を走る側線があるフタスジクロガジや、側線が胸鰭付近までしかないヒナゲンゲと区別することが出来る。

頭部の感覚孔は管状ではなく単なる小孔、この特徴でヤセマユガジと区別できる。ヤセマユガジに似たものでスミイロマユガジというのがいたが、スミイロマユガジはヤセマユガジと同種だという。検索図鑑を見る限り側線の位置もクロガジとは違う。

クロガジは水深1000m以浅の深海に生息する種類で、刺し網や底曳網などで漁獲されるものであると思われる。日本における分布域は北海道オホーツク海に限られ、新潟県佐渡の記録は誤まりであるかもしれない。海外ではオホーツク海からベーリング海にまで分布している。日本語で検索してもあまり出てこないが、比Fishbaseではロシア産のものが掲載されており、本種であるとわかった。今回の個体も北海道オホーツク海で採集されたもの。坂口太一さんに感謝です。ゲンゲの仲間は鍋物、煮つけなどにすると美味しい。本種も鍋物は非常に美味であった。

クロゲンゲ

名前がよく似たゲンゲ科の魚に「クロゲンゲ」というのがいる。クロゲンゲもクロガジと同様マユガジ属の魚であるが、全長30cmほどの小型種だ。胸鰭の後縁輪郭に凹みがあることで、それがないクロガジと区別することが出来る。日本においては北海道のオホーツク海沿岸から山口県までの日本海まで分布する種で、クロガジよりも南方系。なおFishbaseには掲載されているが、残念ながらこの魚には出会ったことはない。

写真の個体はクロゲンゲによく似たオロチゲンゲという種。クロゲンゲは背鰭の前のほうに黒色模様があるのに対し、オロチゲンゲにはそれがないのが特徴。胸鰭の特徴がクロゲンゲに似るゲンゲは日本近海に4種が知られ、日本海にはそのうち3種が知られる。ヨコスジクロゲンゲは北海道から銚子までの太平洋岸に分布し、日本海では見られない。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます