スズキ

スズキ

ブログ久々に更新。スズキ目・スズキ科・スズキ属のスズキ。宮崎釣行記事以来久しぶりの登場。今回の個体はちょっと痩せている。餌が少ないのか産卵後なのかげっそり。

スズキの特徴は吻がややとがっていること、体側に黒色斑がないこと。ただし幼魚、場合によっては成魚でも黒い斑点が出ることがある。その場合タイリクスズキとは顔を見る方がいいが、これも微妙なところ。宇和海ではタイリクスズキがよく釣れる。再生産しているかどうかは定かではないが、おそらく再生産しているかもしれない。いずれにせよ喜んでばかりはいられない。新しい外来種問題を引き起こしそうだ。宇和島ではスズキはほとんど見たことがなく、タイリクスズキとヒラスズキが多い。河口付近の魚食魚ということでは夏になるとギンガメアジ、ロウニンアジ(いずれも稚魚が多い)なども見られる。

尾部がほっそりしているのもスズキの特徴。ヒラスズキは尾柄部が太くて短い。背鰭軟条数にも違いがあり、スズキは背鰭軟条12~14、ヒラスズキは15~16本が普通だ。

最近、とある理由があり、スズキが欲しかった。Twitterにその旨を書いたところ、サビキのカネマンさんに送っていただいたのである。とてもうれしかった。
今回はスズキを2個体。そして他の種類の魚も2個体。計4個体も送っていただきました。ありがとうございました。これではかどりそうです。サビキのカネマンさんはサビキの製造業者さん。ボラの皮で作ったサビキを販売されております。高知県の釣り具店で買うこともできるそうです^^

さて。私の研究は主に魚の頭部を対象としていますので、身は食べることができます。勿論、そうするにはちゃんと体のサイズを測ったりする必要がある。全長、標準体長、頭長、そして種によっては肛門前長も。場合によっては魚体重もはかる。そうした計測データがないと、せっかく魚を手に入れても無駄になってしまう恐れがある。

スズキを食べたのはいったいいつ以来か。恐らく2005年以来ではないだろうか。私にとって釣りとは何時も餌釣りでありルアーや餌木で釣ることはほとんどしないので、スズキとはあまり縁がない。以前釣ったスズキもサビキや投げ釣りで釣ったもの。あるいは定置網や地曳網で入手したものだ。最近ルアーでのスズキ釣りはシーバスフィッシングと呼ばれ、ライン、ロッド、そして魚種まで横文字が並ぶようになりあまりなじめない。私は投げ釣りで狙う小ぶりのスズキ釣りが好きなのだろう。

今回はムニエルにして食べた。新鮮なものは刺身でもいけるが、今回は一度冷凍していたので、このような料理法がよいと思い、実際にかなり美味しかった。綺麗な場所ならスズキの刺身も美味しい。

●スズキ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます