アカメ

アカメ

またブログ書くのを忘れてしまい申し訳ありません。気が付けば1月ももうお終いです。1月は茨城県の河川を開拓したり、雑誌(本日届きましたありがとうございました)にも関われたりと充実した月でした。

アカメ科の魚は世界で3属約10数種が知られている。日本に生息しているのは少なくとも2属2種。沖縄県の西表島からアカメ科と思われる魚の記録があるのだが、標本が得られておらず、どの種かは不明だ。

アカメ科の魚は日本にも多数輸入されている。通称「ナイルパーチ」と呼ばれるナイルアカメ(以下ナイルパーチ)と、バラマンディの2種。バラマンディは主に観賞魚として輸入され、通称「シーパーチ」と呼ばれている。ただし成魚は巨大化することを考えると、あまり飼育するのには向いていないかもしれない。ナイルパーチはここ数年ものすごくよく輸入されていて、沖縄や奄美など、スーパーではこれの加工品がよく販売されていたものだ。今も販売されているだろうか。現在日本に輸入されるナイルパーチはすべて冷凍されたもの。従来は観賞魚としても輸入されていたが、外来生物法が改訂されその対象種となり原則輸入や販売、新たな飼育が不可になった。しかし実際には巨大な水槽があれば飼育できる種で、一律に飼育禁止とか販売禁止にするのはちょっと変な気がする。まずは生き物の放流を禁止するルールを考えるべきだろう。

アカメ科は以前はもっと種類がいた。大西洋と東太平洋に生息するホソアカメ属の魚がアカメ科に含まれていたためだ。現在は独立した科Centropomidaeとなっている。この科の中にはホソアカメ属の魚12種が含まれ、つい最近ホソアカメが日本にも輸入され話題となった。この種はメーターを超えない小型種で飼いやすいかもしれない。

分布域は神奈川県~種子島。日本固有種と考えられている。従来は数が減少し一部の県で採集が禁止されているが、その理由は乱獲というよりも、生息地の改変である。幼魚はアマモ場によく見られ、そのアマモ場を守ることこそがアカメの保全につながっている。現在ではかなり多くの個体が見られ、危機は脱したように思えるが、それでも生息地の破壊ということは、他の魚でもよくみられるパターンだ。今の日本は、河川の改修という御旗のもとに生き物たちを殺しまくっている。飼育についても興味があるところだろうが、最大でメーターオーバーになる種。一般的な家庭には勧められない。将来的に幅300cmの巨大水槽の購入を約束できるひとしか、飼育してはいけない魚だ。

難しい話になったので、アカメの特徴を。側線が尾鰭にまで達するのだ。尾鰭は大きな丸い形で、体高も高く、背鰭棘もよく伸びており、この間のスズキとは容易に区別できる。ちなみに今回は2個体入手しているが、この尾の写真は、別の個体のもの。

頭部の様子。高い体からしゅっとした小さな頭部が特徴的。眼が赤いから「アカメ」。口は下顎の方が長い。アカメ科の魚は、先ほども述べたとおり日本に明らかに生息しているといえるのは2種類。アカメモドキは1属1種で、インド洋の東部~西太平洋に生息し、日本では奄美大島以南の琉球列島に産する。ややずんぐりした体で、上顎が下顎よりも長く、側線有孔鱗数がアカメよりも少ない。

食味については不明。アカメが魚市場に入っても、購入を逃してしまったことは何度かある。今回の個体は、残念ながら冷凍→自然解凍→冷凍ということをしているため、あまり食さない方が良いかもしれないとのことだった。今回のアカメも、前回のスズキ同様「サビキのカネマン」さんに頂きました。本日、無事耳石も採取できました(朝はテンションが↓だったので半日かけてでしたが・・・) ありがとうございました。

●アカメ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます