ツノガレイ

ツノガレイ

1月も今日で終わりです。

以前いただいたカレイ。カレイ目・カレイ科・ツノガレイ属のツノガレイ。

ツノガレイは日本では北海道でしかお目に罹れない貴重な種だ。魚類検索第二版では北海道の限られた地域にしかいない風な感じに書かれていたが、第三版では北海道全域に生息することになっている。他に朝鮮半島の日本海沿岸や、北米の西海岸(北東太平洋)にも分布。

本種の最大の特徴は眼後方から側線始部にまでにある5個前後の突起である。これが整列して並ぶことで日本産の他のカレイの仲間と区別することができる。この突起はかなり大きなもので、他のカレイと見間違えることはほとんどないと言える。頭部の背面からみると、カレイの仲間とは思えぬ雰囲気。もっとも、頭部が右を向いているので、カレイの仲間だとすぐわかってしまいそうだが。

有眼側の体色は黒っぽい、というか褐色の色彩であるが無眼側はマツカワみたいに黄色っぽいのがきれい。鰭には有眼側、無眼側、ともに目立つ縞模様がない。有眼側の体には白い斑点があるが、赤い斑点などは見られない。

Fishbaseによると、全長が87cmとか言われているが、普通はもっと小さい。Pleuronectes属(ツノガレイ属)は色々と分類がややこしくなっている。魚類検索図鑑ではマコガレイやマガレイなどをツノガレイ属に含めていて、この考えに従っている事が多いが、海外ではLimanda属やPseudopleuronectes属などに細分する考えが強くなってきている。個人的にはマコガレイ・クロガレイ・クロガシラガレイはマガレイやアサバガレイなどとはやや違う仲間のように思えるがどうなるだろうか。Fishbaseによるツノガレイ属は3種だが、うち1種は別属の可能性が高いようだ。もう1種Pleuronectes platessaという種は欧州産で全長50cm。有眼側に赤いまたはオレンジの斑点があり、ツノガレイよりはだいぶ華やかな印象。

今回は唐揚げにして食べた。旧年中に坂口さんに送っていただいたのだが、今回は年明けまで冷やして、揚げて食べた。レモン汁をかけて「フレッシュレモン」10位になったお祝い。坂口さん送っていただきありがとうございました。

●カレイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます