フィリピンスズメダイ

フィリピンスズメダイ

昨日から2月です。

写真の魚はフィリピンスズメダイ。スズキ目・スズメダイ科・ソラスズメダイ属の魚。ソラスズメダイの仲間はサンゴ礁に生息する魚で、インド-中央太平洋に生息し、アメリカ西海岸や大西洋には生息しない。「フィリピン」とつくとフィリピンの固有種のようにも思えるが、本種はインド洋のモルディブからフィジーまでの海域に生息し、日本でも琉球列島に生息している。

体は黒っぽいが尾鰭の黄色が鮮やかで、背鰭や臀鰭にも黄色があるが、これらは老成魚では消失する。老成個体でも薄ら黄色というか白くのこることもある。幼魚の鰭の黄色は極めて目立つ。スズメダイの仲間は成魚より幼魚の方が綺麗なものが多く、本種もその例といえる。Fishbaseではインド洋モルディブの個体の写真が掲載されているが、インド洋のは太平洋のよりも、なんとなく黄色が鮮やかなように見える。インド洋産のニシキヤッコだって黄色が強い。

一方標本でフィリピンスズメダイを他のソラスズメダイ属を見分けるのは難しくない。本種がほかの日本産の多くのスズメダイと違うところは、眼下骨上に鱗が並ぶこと。この特徴をもつソラスズメダイ属は日本産では2種しかいないとされる。もう1種のアサドスズメダイは薄い灰色の体で、背鰭と尾鰭の付け根が少し黄色くなる。

フィリピンスズメダイの胸鰭基部にある大きな黒色斑は明瞭で他種と間違えることは少ないといえよう。アサドスズメダイは、フィリピンスズメダイの胸鰭基部にある大きな黒色斑がなく、胸鰭基部上方に小さな黒色斑がある程度だ。アサドスズメダイも琉球列島のサンゴ礁で見られる種であるが、あまり釣れた話は聞かない。ただ一度だけ、奄美大島で釣れたのを頂いてきたことがある。それくらいだ。

肛門から内臓が少し出てしまっている。水深数mほどのサンゴ礁に生息し、あまり深場に生息する種ではない。Fishbaseに掲載されている本種の生息水深は1~12mだ。今回の個体は以前のルリスズメダイ同様、鹿児島県喜界島産。喜界島の「がほー部長」さんに送っていただきました。ありがとうございました。

●スズメダイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます