ホソウケグチヒイラギ | 魚のブログ

ホソウケグチヒイラギ

昨日は節分でした。節分で魚と言えば、ヒイラギの枝に「イワシ」の頭を指した「ヒイラギイワシ」が知られている。勿論この「ヒイラギ」というのは植物のヒイラギであり、魚のヒイラギではない。

そういえばスズキ目・ヒイラギ科の魚はこのブログではあまり取り上げてこなかった。ヒイラギ、ヒメヒイラギ、オキヒイラギの3種をブログで取り上げてきた。日本には13種いるが、ヒイラギ属のヒイラギ、イトヒキヒイラギ属の2種をのぞき、多くの種が熱帯・亜熱帯海域にすみ、沖縄や鹿児島方面まで行かないと見ることが出来ない種も多いのだ。ちなみに私は自慢ではないが、この科の魚の多くの種を見ている。いまだに見たことがないのはヒシコバンヒイラギ、オオメコバンヒイラギ、ヤンバルウケグチヒイラギ、キビレヒイラギの4種だ。

もう6年近く前の事だが、2月にヒイラギを買ったとき、パックの中に衝撃的な魚が入っていた。ヒイラギ科・ウケグチヒイラギ属のホソウケグチヒイラギである。

ウケグチヒイラギ属の魚は口が特徴的。日本生息する14種のヒイラギ科魚類のうち多くの種が口を前下方、もしくは前方に伸出させられるが、このウケグチヒイラギ属の2種のみ、口を前上方に突出させることが出来る。この特徴的な口がヒイラギのなかでちょっと出ていたので、これはもしやと思い持ち帰ってみたところ、まさしくホソウケグチヒイラギであった。

ちなみにこのヒイラギが山ほどはいっていたパックには「メッキアジ(カイワリ)」と書かれている。メッキアジはふつうギンガメアジやカスミアジなど、ギンガメアジ属魚類の子を指すのだが、底曳網業界でメッキアジと言ったら、カイワリの事なのである。もっともそれでもカイワリと属どころか科さえ違うが。写真ではわかりにくいが一番右上の子がホソウケグチヒイラギだ。

ウケグチヒイラギ属は南アフリカから中央太平洋までの海域に分布し、7種が知られている。日本産は2種。もう1種、沖縄島や西太平洋域にすむヤンバルウケグチヒイラギは頬に鱗があることにより本種と見分けられる。体高も同定の形質に使えると思われたが、実際は成長段階で体高と体長の比率がかわるようだ。またヤンバルウケグチヒイラギの体側背部の横帯は10本ほどなのに対し、ホソウケグチヒイラギのそれはもっと多いようだ。

ホソウケグチヒイラギは2008年に鹿児島県産の標本をもとに日本初記録として報告された。この他高知県からの記録もあり、長崎県でも獲れた。鹿児島県では本種がそれなりに獲れるようで、大隅半島の方ではよく見られるらしい。今回の個体はフォルマリンで展鰭をしたので、残念ながら食べることはできなかったが、鹿児島方面では食用にされることもあるようだ。

●ヒイラギ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます