ツボダイ

ツボダイ

久し振りに過去に出会った魚のアップ。スズキ目・カワビシャ科・ツボダイ属のツボダイ。

ツボダイ属の魚は世界に4種ほどが知られているが、日本産のツボダイ属魚類は本種のみの1属1種。鰭が極端に長くなく、臀鰭棘数が多いツボダイの仲間はクサカリツボダイが知られている。クサカリツボダイは、前にもこのブログでご紹介している。

▲クサカリツボダイ

ツボダイはクサカリツボダイと比べて体高がやや高めで寸詰まり。また背鰭棘数にも違いがあり、ツボダイはふつう11棘だが、クサカリツボダイの背鰭棘数は13~14とやや多め。

▲ツボダイの背鰭

▲クサカリツボダイの背鰭

ツボダイもクサカリツボダイと同様に、底曳網や深海の釣りで漁獲される種。しかし以前に述べたようにスーパーで「つぼ鯛」として販売されているのは本種ではなくクサカリツボダイの事が多い。ツボダイは市場などで出るがあまりポピュラーな魚ではない。分布は広く北海道から九州-パラオ海嶺までの太平洋の深海、日本海西部、朝鮮、中国、ハワイ諸島にかけて分布している。私は八幡浜のトロール漁業で混獲されたものを見ているほか、宮崎産のものも見ている。
最近は水族館でも「深海魚ブーム」であり、タカアシガニやユメカサゴなどとともに本種が飼育されているケースもある。水深100m以深、深いところでは900mほどの場所にもみられるという。

チョウセンバカマとの違い

ツボダイと間違われることが多い魚に、チョウセンバカマがいる。

▲ツボダイ臀鰭

▲チョウセンバカマ臀鰭

ツボダイとチョウセンバカマの見分け方は色々あるが、一番わかりやすいのは臀鰭を見ること。チョウセンバカマの臀鰭棘は3棘だが、ツボダイは4~5棘ある。またチョウセンバカマの体側には縞模様があったりするが、そのような模様が入ったツボダイの大型個体は見たことがない。ちなみにチョウセンバカマは1科1属1種とされていたが、今年に入ってチョウセンバカマのオーストラリア産のものが亜種とされたり、2新種が記載されるなどしている。オーストラリア海域に限らず、日本で「チョウセンバカマ」とされている個体も大きいものは2タイプあるように見えるが・・・。

この記事を書いたことにより、カワビシャ・テングダイ・クサカリツボダイ、そしてツボダイと、日本に生息するカワビシャ科4種について記事をかいたことになった。中央の魚はチョウセンバカマ。カワビシャ科ではないがよく似てるので比較のために。一見よく似た魚でもじっと見てれば別の種のように見えてくる。

●カワビシャ科 ●チョウセンバカマ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます