ノコバホウネンエソ

ノコバホウネンエソ

2日連続でディープな魚を。

今日はワニトカゲギス目・ムネエソ科・ホウネンエソ属のノコバホウネンエソ。

ムネエソ科の魚は発光器を持ち、ユニークな体の形から深海魚の中でもよく知られている種。その中のホウネンエソ属の魚は日本に8種類が知られているが、大きく2つのグループに分けられている。一つ目のグループは、後側頭骨棘が大きく、いくつかに分岐しているもの。もう一つのグループは後側頭骨棘が小さく、単一の棘をもつもの。前者にはツノホウネンエソ、カタホウネンエソ、マルホウネンエソが含まれ、後者のグループにはホシホウネンエソ、スルガホウネンエソ、ミツユビホウネンエソと、2014年に与論島から日本初記録として報告されたチュラプシホウネンエソが含まれている。

ではノコバホウネンエソはどちらのグループになるだろうか。

ノコバホウネンエソも後側頭骨棘が大きく分岐している。ということは、ツノホウネンエソやカタホウネンエソなどと同じグループに含まれる魚だ。

ノコバホウネンエソの特徴は、臀鰭後方と尾鰭にある発光器(尾柄下部発光器、SC)の下方に鋸歯があること。これが和名の由来だろう。今回送っていただいた個体ではよく確認できなかったが、この魚を送っていただいた「たつろー」さんがTwitterでアップしてくれていた。本当に助かった。発光器の分布も、ホウネンエソ属の種ごとに違いがある。生きているものはまだ見たことがないが、光る様子はまさしくチュラプシホウネンエソの名前の由来となった「美ら星」のように綺麗だろう。

分布域は相模湾から宮崎県の太平洋岸、海外ではフィリピン近海に分布しているようだ。日本の太平洋沿岸近くには、本種やカタホウネンエソ、ホシホウネンエソ、スルガホウネンエソ、ミツユビホウネンエソが見られる。大陸棚の縁辺に生息し、外洋の中深層に生息するムネエソ属やテンガンムネエソ属の魚に比べて、まだ我々が出会うチャンスが高い種、と言えそうだ。この個体は愛知県を拠点とする底曳網漁船が採集した個体で、シャチブリなどと一緒に入っていたのをHN「たつろー」さんに送っていただいたもの。ありがとうございました。

宮崎のノコバホウネンエソ

ノコバホウネンエソと出会うのは実は今回が初めてではない。2010年にとあるところから譲って頂いた魚の中に、この魚が入っていたのだ。今回は7年ぶりの再会となった。前回のものは宮崎県の延岡沖で漁獲されたもので、その中にノコバホウネンエソが1匹入っていたのだ。それが、私にとって初めてとなるホウネンエソ属魚類との出会いとなった。

ムネエソ科魚類はこれまでもキュウリエソ、ムネエソ、テンガンムネエソ、など見てきた。しかしホウネンエソ属魚類はその時の延岡のものと、今回の計2個体しか見ていない。できることならもっといろいろなホウネンエソが見てみたいのだ。このブログをみてくださっている漁師の皆様、よろしくお願いいたします。

●ムネエソ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます