タイリクバラタナゴ | 魚のブログ

タイリクバラタナゴ

一昨日日曜日は、飼育している魚の撮影を行いました。写真の魚はコイ目・コイ科・タナゴ亜科・バラタナゴ属のタイリクバラタナゴ。

タイリクバラタナゴはその名の通りもともと大陸(中国)に生息していたもので、現在は日本のあちこちに広まってしまっている。本州、四国、九州のひろい範囲に分布し、在来のタナゴ類が生息しない北海道にもいる。

今回採集した個体は濃尾平野の小さな河川で採集したもの。手網ひとすくいで数10匹ほど入ったが、今回はあまり大量には持ち帰ることができなかった。残念だ。採集した場所ではタモロコ類、ゼゼラ類、ミナミメダカなどが沢山見られた。

タナゴの仲間の特徴として「二枚貝に産卵する」ことがあげられる。ドブガイ、イシガイ、マツカサガイ、カタハガイなどの出水管に産卵管を挿入し、貝の外套腔に産卵するのだ。上手く飼育すれば水槽内でもタナゴの仲間が貝類に卵を産み付けることを観察することができる。タナゴの仲間の雄が婚姻色を示すと極めて美しい色彩になる。このタイリクバラタナゴもあまり色が出ていないが、青や赤など派手な婚姻色を水槽でも観察できるのだ。

タナゴ類の放流がもたらす問題

タイリクバラタナゴは、先ほどにも書いたようにもともとは大陸に生息していた魚だ。いったいそんな魚が何故日本に入って来たのか。私は戦後ソウギョなどと一緒に入って来たものとばかり思っていた。実際には1940年代初めにハクレンなどとともに入ってきたのだそうだ。そして関東で増えた後霞ヶ浦から琵琶湖へイケチョウガイという二枚貝を移植する際に貝の中に卵または仔魚が含まれていてそれが琵琶湖に放たれたそうだ。そこからはもしかしたらアユの移植の際にアユと一緒に分布を広げたのかもしれない。

その分布を広げるということで、問題が起こる。タイリクバラタナゴの放流を行うことでいったいどのような不都合が起こるか。問題が起こるのか。

亜種関係にあるニッポンバラタナゴとの間では交雑が起こっているし、産卵する対象が限られるこの亜科の魚の場合、産卵場所が他のタナゴ類と競合してしまう。タナゴの仲間は春産卵のものと、秋産卵のものがいるが、本種は春~秋に産卵する。産卵場所が本種に奪われてしまうことも多いのだ。
このほかにニッチの問題や病気の問題もあるが、これらについて話すと長くなるので今回は止めたい。先ほど話したイケチョウガイを経由しておこる問題もあり、タナゴ類産卵に使った貝を河川や池などに戻すという行為もやめたい。

このタイリクバラタナゴは、「外来魚問題」のさまざまな要素を抱えているともいえる。日本には中国タナゴ(種は不明)、トンキントゲタナゴ、タイワンタナゴ、ウエキゼニタナゴなどの種が観賞魚として輸入されるなどして人気が高いものの、それは同時に野外に放逐されるリスクもあるということだ。このような外国産の魅力的なタナゴを今後も飼育していけるように、売る側も、買う側も、飼う側も上記のことを頭に入れておくべきであろう。

●コイ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます