ザラビクニン

ザラビクニン

昨日サケビクニンについて色々書いた。一方で近縁種のザラビクニンの話もした。ザラビクニンの画像を探したところ、なんとか出てきた。2010年と古い写真ではあるのだが。昨日の記事の論文によれば、dark morphotypeになるだろう。生鮮時は桃色をおびた褐色であるというが、一度冷凍したらこのように濃い茶色で、背鰭・臀鰭の後方と尾鰭が真っ黒である。

一様に茶色の個体だが、腹膜だけは灰色っぽい色。僅かに色素があるように見える。

胸鰭には大きな欠刻があり、オグロコンニャクウオなどと区別することは可能。胸鰭下方の軟条は糸状に伸びる。アラスカビクニンにも似ているが、この種類とは腹膜の色が違うようだ。検索図鑑では胸鰭も後縁が黒いとなっているが、後縁というか、全体的に暗色なように見える。

この個体は兵庫県産の個体だという。この手の魚は北の冷たい海にいるというイメージであるが、深い海なら西日本にも出現する。分布域は大体島根県近海まで。コンニャクウオ属の魚は他にもバラビクニン、アラスカビクニンなどが山陰の日本海で獲れている。もしかすると他のクサウオも気づかぬうちに採集されている可能性がある。全長30cmを超えるが、ほとんど食用にされることはない。

●クサウオ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます