キュウリウオ

キュウリウオ

このでっかいワカサギみたいな魚はキュウリウオという。キュウリウオは、サケ目・キュウリウオ科・キュウリウオ属の魚。

キュウリウオ科と聞くとあまりなじみのないように思えるが、重要な食用魚であるワカサギやシシャモもこの科の魚である。日本には6種が分布し、そのうちシシャモは北海道の太平洋岸のみに分布する日本固有種である。

本種は他のキュウリウオの仲間と比べて口が大きく、上顎後端は眼後縁直下に達すること、臀鰭外縁があまり丸くないことなどで見分けられる。口は大きく、鋭い歯をもっている。

写真からは全く分からない特徴がある。それがこの魚の「におい」だ。本種はキュウリのにおいがする。ワカサギなどと比べてやや大きくなるが、フライや焼き物などで美味しく食べられる。坂口太一さん、ありがとうございました。

分布域は広く、朝鮮半島の元山~カナダのブリテッシュコロンビア、オホーツク海、ベーリング海を経て北極海にまで生息している。日本では北海道のオホーツク海岸、太平洋岸に分布しておりよく釣れるようである。産卵のために河川を遡上するため浅海性であると思われるが、浅海種とされているものの水深290m以浅の海底に生息し、底曳網などでも漁獲される。この個体はカレイの刺網にかかったものと思われる。

学名について従来はOsmerus eperlanus dentex、つまりO. eperlanusの亜種とされていたが、現在は其々別種とみなされているようだ。北西大西洋にはOsmerus mordaxが分布し、 Osmerus eperlanusは北東大西洋(欧州沿岸)に生息する。後者は英語ではEuropean smeltと呼ばれている。Osmerus dentexは北太平洋と北極海に分布し、日本のキュウリウオの学名にはこれが適用される。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます