コマイ

コマイ

日本にはタラ目・タラ科の魚は4種類いるが、そのうち1種はホロタイプしか得られていない。これまでマダラ、スケトウダラという2種を紹介してきたが、最後にもう1種。

タラ目・タラ科・コマイ属のコマイ。

コマイはタラ科の魚で、背鰭が三つ、臀鰭が二つ。体がややずんぐりしていて、マダラに似ている。ただし体はマダラほどは太くはない。

吻部にも特徴がある。下顎は上顎よりも前に突出しないことでスケトウダラと、下顎のひげが極めて短いことによりマダラと、それぞれ区別することができる。この個体はひげが小さく、最初は網で擦れた際にひげが切れてしまったのかと思った。またマダラと比べると頭部が小さいのも特徴。というかマダラの頭がかなりでっかいのだ。

生息地は浅海~水深300mまで。汽水域でも漁獲される。刺網や定置網、底曳網や釣りなどで漁獲され、食用とされている。分布域は広く、山口県・宮城県~北海道までの日本各地沿岸、海外では朝鮮半島からベーリング海をへてアメリカ西岸にまで分布する。コマイ属は1属2種で、もう1種Eleginus nawagaは北極海に分布する。なお、「新顔の魚」で故阿部宗明博士が命名されたカナダコマイMicrogadus tomcodはコマイ属の魚ではないので要注意。

●3種を並べてみる

上からコマイ(マリコではない)、マダラ、スケトウダラの順。マダラはかなり大きな頭部が特徴的だ。

●タラ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます