バケムツ | 魚のブログ

バケムツ

長崎産の素晴らしい魚を入手しました。スズキ目・ホタルジャコ科・バケムツ属のバケムツ。

バケムツはホタルジャコ科の中でもアカムツ属のアカムツに似ている。アカムツと違うところは体色が黒っぽいところ。またアカムツの体の鱗は櫛鱗であるのに対してバケムツは円鱗であるのが異なる。またアカムツは多くが第1・第2背鰭がつながっているようだが、バケムツはこれらの鰭が離れている。

ホタルジャコ科の魚には臀鰭棘数が2のものと、3のものがいるが、バケムツは後者である。日本産ホタルジャコ科は14種いるが、そのなかで臀鰭が2棘しかないのはスミクイウオ属(5種)のうちの4種だけである。

下顎先端には棘のようなものがない。この特徴から、オオメハタ属の魚と区別することが出来る。歯がかなり鋭く、上顎の歯は牙のような感じ。下顎の歯は牙というよりは鋸歯のようだ。バケムツはムツ科の魚によく似ているが、以下の点が異なる。日本産のムツ科魚類は背鰭軟条数と臀鰭軟条数がバケムツよりも少し多く、側線有孔鱗数は幅があるものの、概ねムツ科の魚の方が多い、など。また顔の形もしゅっとしていて、ムツの仲間とは違う印象を受ける。

分布は広く、伊豆諸島や長崎、鹿児島県、沖縄諸島に見られる。海外では台湾やサモア、フィジーに生息している。水深500mまでの深い海に生息し、大陸棚斜面や島嶼、海山の周辺に生息するようだ。バケムツは現状、1属2種が知られており、もう1種Neoscombrops cynodonはインド洋西部に生息している。

Heemstra(1986)ではNeoscombrops annectensNeoscombrops cynodonの2種としているが、前者は後者のシノニムとされる。前者は1922年に記載されたが、後者は1921年に記載されている。ただ、この属の魚は分類学的な再検討が行われている途中のようだ。

ホタルジャコ科の魚は殆どの魚が重要な食用魚。小さなホタルジャコも「じゃこ天」の原料として重要であり、ワキヤハタやスミクイウオのような中型の種は練製品の原料にされるほか、焼き物や刺身などで食べても美味しい。アカムツは刺身、寿司、煮つけなどさまざまな料理で食されありがたがられる。バケムツもアカムツほどではない(あまり獲れない)が食用魚。肉は薄いピンク色で柔らかいが脂が多くて美味しい。今回はすべて刺身にしたのだが、煮物にしても美味しかったに違いない。ただし刺身の写真があまりにも適当になりすぎて残念。

長崎 印束商店 石田拓治さんありがとうございました。

●ホタルジャコ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます