ムツ

ムツ

昨日「バケムツ」をこのブログでご紹介したので、今回は、「本家」の方も紹介しておかなければいけないということで。スズキ目・スズキ亜目・ムツ科・ムツ属のムツ。

私は深海魚を見たり触ったりする機会は多いのだが、ムツについてはほとんど見たことがない。釣りでは浅い岩礁域を探って小物を釣るような釣りがすきなので、ムツに触れ合う機会はなかなかない。あっても、上のような幼魚ばかり。

ムツは幼魚のときは沿岸のごく浅い岩礁域や藻場に生息していて、その時はごく浅い場所でも本種と出会うことが出来る。そして大きくなるにつれ深みへと移動し、大きなものは水深700mまでの深海に見られるようになる。4月に高知県の浅瀬で全長5cm位の幼魚が群れていた。6月にもモジャコ狙いの漁でイシダイやイシガキダイの子とともにこれよりもう少し小さな個体が採集された。この個体はexifデータによれば2009年7月に採集されたもののよう。場所は高知県の宿毛湾。4月ごろ高知に現れた稚魚が大きくなったものだろうか。

ムツ科は世界で3種が知られている。うち1種は西大西洋にすみ、日本には2種類が分布する。もう1種のクロムツは本種によく似ているが、体がもっと黒く、側線上方横列鱗数および側線下方横列鱗数がムツよりもやや多いこと、側線有孔鱗数も同様にムツよりも多いことなどにより区別できる。

ムツは日本では広い範囲に分布している。具体的には北海道~琉球列島近海に分布している。海外では朝鮮半島や台湾に生息しているが、モザンビークや南アフリカにもいる。その間、たとえばオーストラリアやインド、スリランカなどにはいないのだろうか。奇妙な分布である。一方クロムツはほぼ日本固有種で、福島県から伊豆半島までにしかいない。

この仲間には「呼称」の問題がある。ムツはよくクロムツという名前で市場やスーパーなどで販売されている。アカムツや、オオメハタ属(俗にシロムツとよばれる)と区別する狙いがあるのだろうが、クロムツという名前の魚がいる以上、ムツをクロムツと呼んで販売するのは好ましくない。ムツはムツ、クロムツはクロムツと呼んであげたい。

●ムツ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます